サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

「これでいい」と心から思える生き方


皆さまこんにちは。
船井本社の相澤です。

さて、今回ご紹介するのは、「これでいい」と心から思える生き方です。

野口 嘉則 著
サンマーク出版 刊
定価:1,700円+税


まずはじめに、題名が素敵だなと思いました。

自分の人生や選択や、自分自身に対して、「これでいい!」と思いながら生きることができたら、
とても幸せな人生だと思います。

本書を読みながら、自分はどのくらい「これでいい」と思えているだろう、と振り返りました。


船井幸雄もよく言っていましたが、人はそれぞれ違った性格や、能力、長所や、短所などを
もって生まれてきます。

それはその人にしかない、素晴らしい特質であり、その人の生まれてきた使命や役割にもつながっています。

「長所伸展」で、自分の得意なことや好きなことを伸ばすと、その人のよさがどんどん伸びていくようです。

「自分らしく生きる」ことが、その人が本来持っている力を発揮させるのだと思います。

また、そのような生き方をすると、人は心から幸せを感じることができるのだと思います。


では、「自分らしく」とは何でしょう?

どうしたら自分らしく生きて、本来の力を発揮することができるのでしょうか?

それらに対し、著者は、表面的なポジティブ思考からではなく、根本的なアプローチの仕方を提案しています。
 



私はかつて、心から満足できる人生を実現すべく、
さまざまな自己啓発書を読み漁って行動に移しましたが、
それでも自分に自信が持てず、行動は空回りするばかりでした。

やがて私は大切なことに気づきました。
立派な建物を建てるためには、
まず基礎工事をしっかりやる必要があるように、
心から満足できる人生を実現するためには、
まず自分という人間の土台を確立する必要があったのです。

自分という人間の土台を確立すれば、本来の力を発揮できます。
そのための生き方を本書でお伝えします。
【著者メッセージ(本文より)】



本書で提案する生き方は、悩みや迷いがまったく消えてしまうような生き方ではありません。
悩みや迷いを抱えていても、思いどおりにならないことがあっても、辛いことや悲しいことがあっても、
どんなときも自分の人生を「これでいい」と受け入れて、今この瞬間を自分らしく輝いて生きる生き方です。
(本書「プロローグ」より)


自分が心で感じていることを大切にしたくなる一冊です。
自分がまず自分の見方になる。それが大切なのだと感じました。

自分自身と向き合い、自分を受け入れることが、深い幸せにつながっていくのだと思います。
本書は、さまざまな良書の言葉が紹介されているので、そちらの本も読んでみたくなりました。

自分らしく輝いて生きたい方にお薦めの本です。
ぜひお読みください。



月別アーカイブ

  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら