サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

大の字の話

こんにちは、にんげんクラブの柴切です。

お勧めの本をご紹介します。

大の字の話 いちばん楽な姿勢


飛鳥新社
定価 1,333円(+税)

本著は、著者が今までの人生の中で、
「大の字」になった九つの小さなエピソードが語られています。

起きた時期も場所も、全く無関係な偶然のできごと。
共通しているのは「大の字」になったことだけ。

「大の字」は一番楽な姿勢です。安らぎを味わえます。

その時、著者に、どれも同じ新鮮な驚きがあったのです。

著者はその共通している、真理を探っていきます。
そして深い深い存在と繋がっていくのです・・・

読みながら、「大の字」になったことって、最近、まったくないなあと思いました。
大人になると、ましてや都会に住んでいると、
まったくそんな機会はないようです。

「大の字」になりたくなるような環境が、まずない!

気持ちいいだろうな・・・

「大の字」になりたくなりました。


そして、この体験をしていく著者に、すごく興味がわきました。


著者の加島祥造(かじましょうぞう)さんは
1923年・大正12年、東京の下町、神田に生まれました。
早稲田大学英文科を卒業し、カリフォルニア・クレアモント大学院に留学。
帰国後、信州大学・横浜国大などで英文学を教え、多くの英米文学を翻訳していました。

そして、40歳を過ぎた頃、長野の伊那谷へ通うようになり、20年後には定住。
老子と出会い、数多くの著書を執筆している、詩人です。


著者の長い長い人生が、この短いエピソードに凝縮しているようでした。

 

人は誰でも
いちばん楽な姿勢でいるとき、
安らぎを味わう。
人はそれぞれ、
いちばん楽な姿勢を見い出せば、幸せになれる。
 


心の奥底から、とっても気持ちよくなれる、すてきな本です。
ぜひ、手にとっていただきたいです。




月別アーカイブ

  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 黎明
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら