サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

今月のにんげんクラブ ~2月号~

          関西勝仁さん.JPG
            にんげんクラブ関西大会


11月30日のにんげんクラブ関西大会で、にんげんクラブは新しいステージに
移行できたのではないかと感じています。

関西2.JPG   関西.JPG
  にんげんクラブ関西大会           フィナーレ


 
4月の名古屋で開催したミロクフェスティバルに続いて、支部の有意の人たちで
作り上げていくにんげんクラブ大会が大成功裡に開催できましたし、特にはせくら
みゆきさんの講演のときには明らかに時間がゆっくり流れていることを300人弱
の人たちが一緒に体験できたことは、ヒマラヤ聖者の奇跡の世界が日常になる
予感を感じさせてくれるものでした。
 
私の『舩井幸雄が一番伝えたかった事』(きれい・ねっと)も、先月の巻頭言に
書いたように、私のような中高年のおじさんに愛を伝えていくためにはとても
有効な本になったと思いますが、それと同時に出版された、川田薫・はせくら
みゆき・山内尚子著『新生地球の歩き方 愛の星へのパスポート(きれい・
ねっと)』は本当に素晴らしい本で、にんげんクラブの皆様にはぜひお読みいた
だきたいと思います。
 
本を読んでいらっしゃらない人のために、この本の一番のポイントをあげると、
以下の宣言文(マントラ)を川田さん(本当は先生と書きたいのですが、先生と
言うと罰金だとあとがきに書いてあるのでこの敬称にさせていただきます)の
意見では1日に100 回唱えればいいそうです。100 回は大変だと思いますが、
川田さんは20分ぐらいで唱えられますよ、と言っていました。感性が強い女性
は回数にこだわる必要はありませんが、理屈が大好きな男性は100 回に挑戦
すると早い人なら1ヶ月ぐらいで超能力が身についた自分を発見することになる
と思います。
 
「心と魂の扉が完全に開きましたので、すべての存在物との対話が自由にでき
るようになりました」この状態を私は選択します。
 
この本の中で川田さんは、心はハートのところにあり、魂はみぞおちの奥の辺り
にあり両者の違いを明確に意識できるようになればいいと書いてあります。
これもポイントですね。そして、私たちはいままでの競争社会の中で心と魂が開
いてしまえば、とても生きにくいと思い込んでいましたので、大体は扉を閉めて
いますし、ひどい目にたくさんあって疑り深くなっている人の中には厳重に鍵を
かけている人もたくさんいます。
 
でも、先月号に書いたように意識の世界では確実にアセンションが起こり、地球
の環境が激変しているいまでは、心と魂の扉を開くことで直感力をつけて生きて
いくことが必要となってきましたので、鍵をあけて扉を開く努力をしなければ、こ
れからの世の中では逆に生きにくくなってしまいます。そして、この扉を開くため
にはいままでは上手く使うと有効な面もあったトラウマやカルマをすべて手放し
て、素の自分で生きていく決心をしなければならないのです。
 
話は変わりますが、先日広島福山支部の田邉由利花さんが開催してくれている
彼女のお店café SEEZ で大体月に2回のペースで開かれているオールナイト
の寄合に参加してきました。こちらは私がいままで参加した中でも一番不思議な
話が飛び交っていた超スピリチュアル寄合で、乾杯をする前から宇宙語が飛び
交っていました。日本人だけが集まっているのだから、日本語を話せばいいと
思うのですが、宇宙語でなければ伝えられないニュアンスもあるそうで魂の扉
が開いたら、宇宙語の意味が分かるようになるのかもしれません。
 
最近の私はスピリチュアルも大好きになりましたが、一方では現実的なことを
大事にすることの大切さも強く感じています。田邉さんには明石のにんげんク
ラブ関西大会でもお会いしましたし、本当にいろいろなイベントに参加して下さ
り、さらに自分たちでもにんげんクラブ以外のいろいろなイベントを企画していて、
お仕事は大丈夫ですかと心配になってしまうのですが、不思議なことにご商売は
とても順調だと話してくれます。
 
にんげんクラブの支部代表をやって世のため人のために生きていくことを選択す
ると、人生が好循環するようになるようで、たとえばこだまゆうこさんはどちらかと
いうと苦手な寄合の集まりを熱海でやってみたら、ずっと願っていた赤ちゃんが
授かったと私の本のまえがきに書いてくれました。スピリチュアルなことに興味が
わいてきたら、田邉さんやこだまさんのように、人生が好循環をしているのかを
チェックしてみればいいと思います。そして、そうでない場合はバランスが悪くなっ
ていることが考えられるので、もう一度自分の生き方を現実的に直視してみれば
いいのだと思います。
 
スピリチュアルと言えば、この原稿を書いているのは12月12日ですので明後日
「宇宙からの黙示録(ソラからのアポカリプス)」がいよいよ開催されます。これは、
小川雅弘社長がにんげんクラブの社長を引き受けてくれるときにどうしてもやり
たいと思っていた企画です。小川社長のオリジナルのアイデアは紅白歌合戦の
ように、スピリチュアルな能力に優れている人に翌年はどんな年になるのかを
予測しあってもらおうというものですが、昨年よりもさらにパワーアップした宇宙
人大会になったと喜んでいます。
 
年末のこのイベントは毎年続けていきたいと思っていますが、2013年いっぱいで
小川社長はにんげんクラブの社長を退任して、私が社長になることになりました。
 
小川社長のおかげで、全国に支部が立ち上がり、支部の方の力でいろいろな
イベントが各地で開催されていくようになりました。にんげんクラブの活動は、先
生たちの話を受け身で聞くことから、自分たちの力でうずを回すことに変化して
いきました。これが小川社長の一番の功績だと思います。
 
小川さんにはこれからも取締役として、にんげんクラブの活動に関わっていただ
けることになっていますし、何よりも親友というか私の道先案内をしてくれる魂の
お兄さんだと思っていますので、これからも甘えるところは甘えていこうと思って
います。みなさんもいままで以上にP ちゃんに会いに高知までお出かけいただけ
ればと思います。心と魂の扉が完全に開いたら、P ちゃんとも対話ができるように
なりますから、きっとすばらしいメッセージがいただけると思います。



カテゴリー

月別アーカイブ

  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら