サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

木村さんのりんご 自然栽培に成功した奇跡のひみつ

こんにちは。にんげんクラブの柴切です。

今回は、「木村さんのリンゴ 自然栽培に成功した奇跡のひみつ」をご紹介します。



木村秋則さんが無農薬のりんごを栽培しようと志したのは、1978年。
誰からも不可能だと笑われ、経済的にも破綻し、
自らの生命を絶とうというところまで追い込まれ、

それでも独自の観察眼と工夫、常識に縛られない行動力によって、
11年の歳月を費やし、とうとう無農薬・無肥料のリンゴ栽培を成功させました。

この苦難の物語は、今までもテレビで紹介されたり、
多くの本になったり、映画化されたりして、
本当にたくさんの人を感動させ、生きる勇気を与えてきました。

では、またなぜ、この本が書かれたのでしょうか。

それは、木村秋則さんがやり遂げたことが、発酵型の出来事だったからです。

すべてのものや出来事は、時間が経つにつれて変化していきます。
その変化の仕方は2種類あるそうです。
腐敗型と発酵型です。

一過性のブームというのは、腐敗型です。

のちのちに良い影響を与え、語り継がれていくものが発酵型です。

著者の小原田泰久さんは、木村さんの周囲に、発酵の気配を感じたのです。

今、木村さんの周辺で、世の中を良くしたいという人が次から次に集まって、
見事なタイミングで必要なものが集まり、次のステップへ動き出すという、
奇跡としか思えないようなことが、あちこちで起こっているそうです。

しかも、地球人に留まらず、宇宙人が重要な働きをしているらしいのです。
もう、農業だけの話ではありません。
完全にステップアップした木村さんは、地球の滅亡まで、
救ってくれようとしているのです。

なんだか、とりとめのない話のようですが、
著者の小原田さんが、長年木村さんを注目し、話を聴き、
どんどん好きになっていくのがわかるので、
読んでいるだけで、私も木村さんが大好きになっていきました。

そして、木村さんがいる限り、絶対よい世の中になると、
思えてきました。

元気と勇気と感動をもらえる本です。
ぜひ、読んでみてください。

 

【目 次】
はじめに ― "木村秋則"とは、いったい何者なんだろうか?
第一章  芽 ...... 次に歩いてくる人に、いい道をつくってあげたいのな
第二章  種 ...... 今の人間、自然から離れてしまっているのだと思うな
第三章  花 ...... あれ、私が会った宇宙人とそっくりなのな
第四章  実 ...... 笑顔にまさる宝物なし、だな
第五章  再び、種 ...... 願い事をしたのは、あのときだけな
おわりに ― 地球の大ピンチを大チャンスに変えるために

 



月別アーカイブ

  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 黎明
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら