サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

どうせ死ぬなら「がん」がいい

こんにちは。にんげんクラブの柴切です。

今回は、『どうせ死ぬなら「がん」がいい 』をご紹介します。


まずは、目次の一部をご紹介します。

 
目次

第一章 がんの誤解を解く
・どうせ死ぬなら「がん」がいい
・治療しなければ、がんはけっこうな病気
・がんが痛むのではない。治療で痛む
・がんの9割に抗がん剤は無意味
・家族ががんだとわかったら
・人間ドックをうけたために、がんで玉砕
・がんの集団検診をやめたら、がん死が減った

第二章 医療に殺される
・「がんにかかるとすぐ死ぬ」イメージは医者が作った
・病院に寄りつかない人は確実に長生き
・検診は受けない、自分の血圧も知らない
・高血圧のガイドライン操作で薬の売上が6倍に
・医療体制はもうじき崩壊する

第三章 日本人と死
・死に目に立ち合う症候群
・臨終のすったもんだ
・緒形拳さんの見事な死にっぷり
・日本人は自分で決められない
・がんの治療や~めた
・死にゆく姿を見せるのは最高の"遺産"

・対談を終えて


題名と、目次を見ただけで、かなりショッキングな文字が並んでいます。

今までの常識から考えて、
いったい何を言っているのだと、思ってしまいます。


でも、この本の中で対談しているのは、
れっきとした一流の経歴の、しかも経験豊富なお医者さんです。


中村仁一
1940年生まれ。京都大学医学部卒業。医師。

近藤誠
1948年生まれ。慶應義塾大学医学部卒業。放射線科。


不信感をちょっと抑えて、対談の内容に耳を傾けてみてください。

患者を部分的な病気だけで診るのではなく、
一人の人間として捉え、生と死に真摯に向き合ってきた者でないと、
けっして、見えてこないことなのではないかと思います。

私も、子どもが小さい時は、年中、お医者さんに通っていました。
お医者さんに頼り、お医者さんに治してもらうしかないと思っていました。

でも、お医者さんは症状を抑えることが目的で、
親に、環境を整えることを強要しました。
確かに理想的な生活習慣かもしれないけれど、
お医者さん自身、そんなことを毎日できるのか...

現実離れした要求に答えられないと、怒られました。

子どものためと思って、我慢してがんばっているのに、
怒られて、結局症状もあまりよくならず、
だんだん、不信感がつのっていきました。

そんな経験があり、
私は、健康は自分自身で手に入れるものという確信ができましたので、

この対談も、素直に受け入れられました。


当たり前だと思い込んでいることを、違った角度から見て、
もう一度、考えなおしてみること。
今、それが、とても大切なのではないかと思います。

ぜひ、読んでみてください。



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや