サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

『天命の暗号』 哲学博士 出口光 (中経出版)

こんにちは。にんげんクラブ、柴切です。

今回は、『天命の暗号』をご紹介します。



連休中に、出口光さんの講演会に行きました。
メキキの会の会長であり、
曽祖父は、あの出口王仁三郎さんです。
講演会のあと、この本を買って、サインをしていただきました。
一人ひとりのイメージで、一言付け加えていただき、とても感動しました。
私は、"愛"と書いていただきました。
友達は、"凛"と書いていただきました。
お互いに、ぴったりだよと、褒めあって、とても幸せな気持ちになりました。

さて、さっそく本を読み始めると、引きこまれて、あっという間に読んでしまいました。
そして、もう一度、じっくり読みなおそうと思っています。

天命とか、天職とか、一時期、私はそれが知りたくて、それがわからなくて、
自分の存在価値がなくなるのではないかと、ひどく思い詰めたことがありました。

今も、はっきりわかっているわけではないのですが、
この本を読んで、
このままで、よかったんだ、このまま今を一生懸命生きればいいだと、
確信できました。
ほっとしたような、やっぱりそうなんだ、まだまだ大変だというような、
でも、大きな確かな視点をいただきました。

成功哲学というようなものが、数多く存在していますが、
その通りに出来る人は、数パーセントにすぎないと、
はっきり言っていただいたところは、なぜか、胸がすっとしました。

特別な人だけに天命があるのではなく、
特別なことが天職ではないんだということが、
わかりやすく、しかし厳しく、順序立てて、染みこんできます。

この視点を持てたら、本当にすばらしい人生になると、素直に感じました。


第一章 天命を探求するための方法
  第1番目の質問 透明な巨象との出会い
第二章 天命はどこに存在するのか
  第2番目の質問 三つの生き方
  第3番目の質問 天命はどこに秘されているのか
  第4番目の質問 不動のものをつかむ
第三章 嘆きから天命をつかむ
  第5番目の質問 直感では捉えられない真実
  第6番目の質問 天からのハードル
  第7番目の質問 天命をどのようにつかむのか
第四章 人生の統合から天命をつかむ
  第8番目の質問 過去の経験を人生の力にする
  第9番目の質問 未来をも人生の力にする
  第10番目の質問 離見の見を持つ
第五章 聴き方から天命をつかむ
  第11番目の質問 自分の耳を磨く
  第12番めの質問 人の聴き方から天命をつかむ
  第13番目の質問 なぜ人のよさがわからないのか
第六章 天命を仕事に人間関係に生かす
  第14番目の質問 天職ー天命を仕事に表現する
  第15番目の質問 究極の動機づけとは何か
  第16番目の質問 気脈という関係をつくる
第七章 天命の暗号を解く
  第17番目の質問 天命は封じ込められている
  第18番目の質問 天命との四つの関わり方
  第19番目の質問 天命への関わり方は進化する
  第20番目の質問 天命の封印を解く
第八章 天命に志す
  第21番目の質問 第三の成功哲学ー天命思考の成功
  第22番めの質問 楽天に生きる



月別アーカイブ

  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら