サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

「あの世のひみつ」〜魂を癒してくれるスピリチュアルメッセージ〜

こんにちは。にんげんクラブ事務局の上田裕子です。

今回ご紹介する本は、「船井幸雄オープンワールド2008」に

講師としてご出演くださる美鈴さんの著書、「あの世のひみつ」
〜魂を癒してくれるスピリチュアルメッセージ〜です。


この本は、美鈴さんがはじめて書かれた本なのだそうです。

現在、明るい霊能者として活躍される美鈴さんの半生が、
生き生きとした文体で綴られていて、思わずごはんを食べるのを忘れるくらいに
引き込まれながら読みました。

美鈴さんは生まれる前からの記憶があるそうなのですが、
あの世の描写が、とても興味深く感じられました。

あの世にいるグループソウルのお話は、納得のできるものでした。


さらに、生まれる前に、あらかじめお父さんとお母さんになる人を見つけ、

二人の恋のキューピッドとなりながら二人を結婚させたり、二人が結婚した後は、

お母さんのおなかの中での記憶などのエピソードもあり、笑いあり、涙あり、の

盛りだくさんの内容でした。


個人的には、酒癖、女癖が悪いとの注釈つきで登場する

美鈴さんのお茶目なお父さんが出てくるシーンでは笑い転げていました。

たぶん、当時の美鈴さんは本気でお父さんに対して怒っていたのかもしれませんが、

今はきっとお父さんのことが大好きなのでしょう。

愛情を持ってお父さんのエピソードを書いているということが伝わってきました。


本の表紙カバーには、「まるで魂のエステのよう」と

この本についてのコメントが書かれていましたが、読んで納得!

本当に魂をエステされたように、読後にすっきりとしたさわやかな気持ちになる本でした。


まるで、自分の中にたまっていたトラウマを涙で浄化し、
その後に笑いで浄化する、というような作用があるように思いました。


とても素直な文体で書かれているため、この本からは生まれつきの霊能力があることで、

大変な苦労をしながら生きている美鈴さんの気持ちが痛いほどにわかります。

私はよこしまな考えで、霊と会話ができたら、いろいろ教えてもらえて楽だろうな、
自分にも霊能力があったらいいのにとよく思っていたのですが、
この本を読んで霊能力を生まれながらに持つことがどれだけ厳しい試練であるかがわかりました。

霊と会話ができたとしても、自分の人生については、指
導霊や守護霊は何も教えてくれないということもわかりました。


また、霊能力を持ち、たくさんの修行をした美鈴さんですが、

霊能力があることをいっさい口外せずに、美容師として一人前になることを目指したということも

すごいな、と思いました。


事実は小説より奇なり ともいえる美鈴さんの話は、読む人に今後の生き方を考えさせます。

人は生まれたらどう生きるべきかそんなことを考えさせてくれる良書だと思いました。


若い女性は特に共感が持てると思いますが、どの世代の方が読んでも、興味深い内容だと思います。

ぜひお読みください。



月別アーカイブ

  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら