サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

戦時下の子どもたち

にんげんクラブの皆様こんにちは。兒玉裕子です。
今回ご紹介する本は、前回ご紹介しました「放浪vol1」とともに、

船井から渡された本「戦時下の子どもたち」(ビジネス社刊・太平洋戦争研究会編)です。

以前に船井幸雄ドットコムでも紹介されたことがありますので、
すでにお読みの方もいらっしゃるかと思います。


放浪vol1もそうですが、この「戦時下の子どもたち」も読むときに少し勇気がいるものでした。

戦争や貧困をテーマにするものは、たいていハッピーエンドで終わることはなく、

悲しみや痛みの感情が、体にズシンと伝わります。


この本は戦時下の子どもたちをテーマに書かれているため、

終戦直前の日本の悲惨な状況(東京大空襲や、原爆投下)については、

あまりページを割いていません。あくまでも、戦時下の子どもたちの生活に重点を置いています。

そのため、当時の写説集のわりには、ショックを受けない本だと思いました。


戦争時代の日本は、天皇陛下を中心とした軍事独裁国家で、

個人が自由な考えを持つことは許されない不自由な状況でした。

国民が一丸となって、ひとつの宗教を信じるかのように、神の国日本を信じていました。

まるで日本とほど近い場所に位置する現在の某国の写真のようにも思えます。 


写真のひとつひとつを眺めると、大人たちの顔は、「考えることをやめてしまった顔」のようであり、

まるでお面をつけたかのように同じ表情が見えます。

きっと、それぞれ考えることは違ったのでしょうが、同じ服を着て、同じ行動をとるように義務付けられ、

違った考えを持とうものなら、非国民と言われてしまう状況だったからでしょう。

しかし、子どもの顔は、ひとりひとり個性を持った顔をしています。


この本には、多くの写真が使われておりますが、想像していたよりは、

子どもたちの写真はさほどつらくなさそうに見えました。

それどころか、誤解を恐れずに言うと、現在都会に住んでいる子どもよりも、

イキイキとしているようにも見えました。

きっと、空襲が始まってからの悲惨な状況下では、子どもたちの瞳のキラキラとした輝きは

次第に無くなっていっただろうとは思いますが、特に戦争初期の頃は、

大人たちの興奮を横で見つめながら、何かお祭りがこれから始まるのか、

というようなワクワクした気持ちのようなものが見てとれました。

なるほど、子どもは、どんなときでも幸せでいられる天才である、と感じました。


天皇陛下バンザイ!と戦争ごっこをする子どもたちや、全校生徒で乾布摩擦をしながら体操をする姿、

お腹はすき体は痩せていますが、キラキラとその目は輝いています。

お国のために、天皇陛下のために、強い体をつくり、よく学ぼう、と

全員が同じ夢と希望を持っているように見えました。


しかし、たぶん農作業など大人と同じように手伝いをし、あまり遊ぶ時間もなく、

同じような夢と希望を持つことしかできない不自由さは、悲しくもあります。


戦時下の子どもたちには、イキイキとした生命力、輝き、

そして大人びた悲しいたくましさがある、と思えました。


さて、日本の戦時下の子どもたちは、手伝いなどはさせられたでしょうが、

少なくとも写真のうえでは、たいていの子どもは子どもらしくいられたようです。

私たちの普段の生活からは考えも及びませんが、

子どもが子どもらしくいられない状況の国が世界にはあります。

現在も国や部族間での戦闘状態が続く地域では、子どもたちは5,6歳から武器を持ち、

人を殺めるようになるとも言われています。

日本の終戦がもう少し遅れたならば、そのような状況もあったのかもしれません。


このようなことを考えると、世の中は、国や時代、環境が異なるだけで、

天国と地獄のような違いがあることがわかります。

これはとんでもない不平等のようにも思いますが、人それぞれに学びやカルマがあり、

生まれる環境を選んできているので、本当の意味では平等である・・・という意見もあるかもしれません。

しかし、やはり子どもはどんな子どもであっても、たくさんの愛情を注がれ、

子どもらしくいられる環境が望ましいと思います。

そのような環境がつくれないのは、私たち大人の責任であろうと思います。


この本を読み、60年の間に、どれだけ日本が様変わりしているかを、見てとることができました。

そして、現在の私たちはとても恵まれているということもわかりました。


世界中の子どもたちが、こどもらしさを持てるような、幸せな環境で育ってほしい・・・と思った一冊でした。

ぜひ、戦後生まれの方に読んでいただきたい一冊だと思います。



月別アーカイブ

  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 黎明
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら