サイトマップ

特別情報

GINZA SIX

 
 父は日本を代表する小売業界の経営コンサルタントでした。実は、
いまの船井総研は小売業界に対するコンサルティング業務の売り上げ
は全体の売り上げの5%を切るところまで下がっていて、必ずしも流
通業界のコンサルタント会社とは言えなくなっているのですが、私が
大学生の頃は小売業界を仕切っていると言っていいほどの勢いでした。

 そんな背景もあって、私は将来は流通業界のコンサルタントになる
のだという思いがあり、大学では百貨店研究会というサークルに入っ
ていました。

 少し詳しく書くと、当時は船井総研ともうひとつメジャーな流通業
界向けのコンサルティング会社があって、お互いに切磋琢磨していま
した。その頃の父の本を読むと、「未だに流通業界で私の悪口を言っ
ている人がいるが、ちゃんと耳に入ってきているぞ」、というような
ことが書いてあって、かなりやんちゃな父の側面にちょっとびっくり
します。

 そのサークルはいまでは名称がマーケティング研究会に変わって、
とても人気のあるサークルに変貌しています。私の頃は古めかしいイ
メージで部員数も少なく、普段はお酒を飲んでいるか麻雀をするため
の集まりだったのですが、さすがに文化祭の時だけは真面目に研究し
て発表をしていました。

 記憶は遠くなっていますが、その研究でたしか銀座の百貨店戦争を
テーマに取り上げたことがあったように思います。当時は、西武百貨
店と阪急百貨店が旧朝日新聞跡に出店したり、ダイエーの子会社であ
るプランタン銀座が出店したりして、百貨店という業態が銀座でも最
後の輝きをはなっていた時期になります。現在でもそのまま営業して
いるのは三越と松屋だけですので時代の移り変わりを感じます。

 当時の船井総研はダイエーやイトーヨーカドーという、いまではこ
の業態自体もまったくダメになりつつある量販店という業界のコンサ
ルティングが得意でした。ですから、なかなか伝統と格式のある百貨
店業界とは付き合ってもらえなかったという話もよく耳にしていまし
たが、やはり小売りの商売をするからには百貨店をやってみたいとい
う思いはみなさん強く持っていたのです。

 先週、銀座6丁目の旧松坂屋百貨店の跡地に新しい商業施設「GINZA
SIX」がオープンしました。私が学生の頃というか、父が流通業のコン
サルタントとして一番活躍していた頃は、百貨店のような大型店は大
鑑巨砲主義と言われる大型店が有利な時代でした。

 売り場面積の大きな店が他を圧倒する場合が多く、新規出店であっ
ても大きな店を作ると商圏が変わって人の流れが変わってしまうよう
なインパクトがありました。父はそんなダイナミックなコンサルティ
ングで人気を博していたのですが、「GINZA SIX」のコンセプトは
脱百貨店だということです。

 銀座地区は、大きな百貨店が三越、松屋、松坂屋と3つあったのです
が、どれも他を圧倒してメチャクチャ儲かるほどの面積ではなく、ど
んぐりの背比べ状態が続いていました。その中でも、どうしても地方
百貨店のイメージがあり、売り場面積でも微妙に負けていた松坂屋は
特に目立たない百貨店でした。

 近隣の敷地も合わせて大規模開発をしたのは時宜を得た選択ですが、
百貨店ではなくブランド店の集積点を目指すやり方は昔を知るものか
らすればかなり思い切った選択です。やはり、そういう意味でも銀座
は日本でも一番大事な商業地なのだということを証明したように思い
ます。

 テレビ番組で、銀座で長年不動産屋さんをやっている方のコメント
が流れていましたが、銀ブラを楽しむのが基本の銀座にあって、それ
を立体的にしたのが「GINZA SIX」のコンセプトだとすると、本来
の銀座の商売のあり方に戻っただけなのかもしれません。オープニン
グのあいさつで安倍総理が訪日外国人客の過半数が銀座を訪問すると
いう話と、銀座の路線価格がかなりアップしたことを話されていまし
た。なかなか同意してくれる人がいないのですが、やっぱり景気は緩
やかに回復している気がします。

 オープン最初の土曜日に雨の中、私も「GINZA SIX」に行ってき
ました。昔、仕事でお世話になった会社が出店されたのでお祝いを言
いに行ったのですが、ものすごい人手で少し気分が悪くなるほどでし
た。

 少し長期的に考えると商業施設の最上階に出展された蔦谷書店がど
れだけ集客力をキープするかがポイントになると思っています。代官
山の蔦谷書店の成功を銀座に持ち込んだ形になりますが、中長期的に
見ると本当のターゲットは訪日客ではなく、日本人の高齢者であるこ
とがよく分かる店づくりです。

 世界一のお金持ちである、日本の高齢者の財布の紐をいかに緩める
かが日本の商業施設がうまくいくかどうかのポイントですね。そうい
う意味では、まだまだ足下を固めれば儲かる方法があるということを
再確認した1日になりました。

わかっているようで、わかっていない。

こんにちは。

先日は東京国立博物館で行われている茶の湯展に行ってきました。

かつての私は、日本の文化的なことには全く興味が持てませんでした。

そのため家族や親しい友人が茶道を習っていても
お茶を飲むだけであんな堅苦しいものの何が楽しいのだろう??と本気で思っていました。

そんな私が、夫に誘われたとはいえ、自ら(新幹線代を払ってまで(笑))茶の湯展に行くことになろうとは、
自分もそれなりに年を重ねてきたのだなぁと妙なところに感動しました。

お茶の飲み方もしきたりもわかっていないため、
茶の湯展の理解は正直なところできていませんが、
わからないはわからないなりに、いろいろな茶器や掛け軸などを眺めて楽しかったです。

茶の湯展では、国宝や重要文化財などもいろいろ展示されてあり、
何もわからないためにどうしてもその肩書き(?)や説明文を重視して見てしまったのですが、
まずは自分がどの作品を好きなのか、まっさらな気持ちで感じられるようになりたいものです。

これから少しずつでもいいので、もっと日本の文化に触れていきたいと思いました。

IMG_2387.JPG
(茶の湯展の帰り道、空がとっても綺麗でした)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

田舎に暮らしていて、ライターという職業柄、普段はあまり人と会わないので、
たまに人と会話するときは、私にとってすごく貴重な機会です。

でも熱海から東京に出てみると、
あまりの人の多さに圧倒され、人や目に入ってくる情報や音や匂いに酔ってしまいます。
熱海に帰る頃には頭痛でフラフラになっていたりします。

あんまり敏感過ぎるのも考え物なので、
人の多さに酔わないように、もっと肉体的にも精神的にもタフになりたいものだと思っています。
タフになるのと、鈍感になるのは別物なので、その塩梅が難しいのですが・・・・。


さて、人とのコミュニケーションは、
とても面白いものですし、そこに生きる醍醐味があると思います。

しかし、思いが伝わったかなとこちらが満足しているようなときは、
たいていきちんと相手には伝わっていません。

逆も然りです。

相手のことをわかったつもりでいても、
全然間違ったことを理解していたりします。


たとえば一番身近にいる夫でも、
わかっているようで何もわかっていません。

先日は、夫のことを何もわかっていなかったのだな、と
とてもよくわかる出来事がありました。

結婚してから9年、夫がコーヒーを飲む時には、
彼の亡き父の形見のマグカップで、いつもコーヒーを淹れていました。

そのマグカップが、彼にとって一番大事で、
一番おいしくコーヒーが飲めるだろうと思っていたからです。

でも先日、

「どうして君は僕にいつもいつもこのマグカップでコーヒーを入れるの?
 実はこれあんまり好きじゃないんだけど。
 重たいし洗うのも面倒くさいし。こっちのシンプルな形のほうが好きなんだよね。」

と、衝撃の発言をされました。

9年もの間、365日、夫にコーヒーを入れるのはこのマグカップ!と
思い込んでいた私は、なんだったのか。

それならそうと、もっと早く言ってください、と思ったけれど、
きっと夫も長年言い辛くて言えなかったのかな。

と9年目にして勘違いに気づいた出来事でした。

ちなみに夫が好きだと言ったマグカップは、
きっと夫はこれが嫌いだろうと勝手に私が思っていたマグカップ。
いかに日ごろのコミュニケーションが薄いかを思い知らされました。


こんなふうに、いろいろな人が、お互いにいろいろなところで、
いろいろな勘違いや思い違いをしています。


思いが通じることなんて、ほぼ奇跡に近いほどにじつは何も伝わっていない・・・・・・
という現状が、実はあると思います。

こうして私がここでこんな文章を書いていても、
すごくよくわかる!と思ってくださる方がいると同時に、
何を書いているんだかさっぱりわからない、という方もいて、
さらにはわかった!と思いつつ、全然別の読み方をしてくださる方もいると思います。


それはそういうものなのだと思います。

人それぞれ違うのだから、感じ方、受け取り方も違ってあたりまえで、
伝わるってことのほうが、じつは奇跡なのだとわかるようになるまでに、何年もかかりました。


そして、基本的に思いは伝わらない、ということがわかるようになったら、
伝わるときの嬉しさが、以前よりも増したように思いました。

人と人が出会って、それぞれの思いを語りあって、
深いところから何かを理解していく。

そういう奇跡を大事にしたいものです。

伝わるか、伝わらないかは相手次第でわからないのだから、
相手がどうあれ、自分は心の奥のほうから会話するように心がけていきたいな、
と思う今日このごろです。


たとえ細々とでも続けていくことが大事です

こんにちは。こちら熱海では桜もほとんど散りつつあり、
春だけど昼間はけっこう暑い日もあります。
もうすぐ新緑の季節がやってきますね。

IMG_2280.JPG
(近所のヤマザクラです。)
IMG_2302.JPG
(犬とヤマザクラ)

IMG_2346.JPG
(MOA美術館のしだれ桜)

IMG_2354.JPG
(MOA美術館からの景色)


最近の私は、この春から週に1回近所のプールに通い始めました。

たったの週に1回ですが、普段はほとんど運動をしませんので、
行かないよりは行ったほうがいいだろう・・・・
というようなちょっぴり後ろ向きなスタートをしております。

苦しいのはだいたい最初の一歩を踏み出す時ですから、
最初からがんばり過ぎると、絶対に挫折すると思うので
このくらいのペースで続けていけたらいいなと思っています。

たったの週に1回であっても、やっぱり0回よりは、マシです。

泳いでいると、肩甲骨のまわりとか、普段動かさないところが動かされるので、
首や肩の血液循環が良くなる気がします。

それがたとえ忙しくて2週間に1回になったとしても、
1ヶ月に1度になってしまったとしても、
細々とでもクセづけになるまで続けていくことの大切さをかみしめております。

この地球に生まれてきて、神様から一時的にお借りしている大事な体ですから、
少しずつ少しずつ、メンテナンスをしながら大事につきあっていきたいと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 


プールだけでなく、どんなこともそうですが、
続けることって、やっぱり大事だなと思います。

私は自分では全然気づいていませんでしたが、
以前の自分は完璧主義で負けず嫌いなところがあったようです。

完璧にできないことは、負けるから、恥ずかしいからやらない、
というような幼稚な思考回路で、
いろんなことをあきらめて、やめて、挫折してきました。

じつは好きなことであっても、人と比べて劣ることは、
恥ずかしいのでやりませんでした。

本当はやりたいのにあきらめてしまうことや、やめてしまうことのほうが、
便宜上勝ち負けで言うならばもっと負けなのですが、

「え?べつに私ははじめからやる気はありませんから~」、

というような態度をとることで、負けず嫌いと恥ずかしさをごまかしてきました。


でも別に、みんなと同じレベルでできなくても続けることは恥ずかしいことじゃないし、
そもそも誰かと自分を比べる必要はない、ということにようやく気づきました。

完璧ではない自分も許せるようになりました。


と、いうことで・・・・・
きちんとプールに毎日のように通い続ける完璧な自分でなく、

ちょっと気が緩んだらすぐにサボろうとするけれど、
週に1回でもたとえ月に1回でもいちおうプールに通い続ける自分として、
楽しんでいきたいと思います。

瞑想やお祈りも、毎日1時間とか言われるととたんに挫折しますが、
細々とでも、たとえ1日1分や5分であったとしても、
3日に1回であったとしても、
やっぱりやらないよりはやったほうがいいし、
コツコツ続けることが大事です。

どんなことも、細々とでも続けることによって、
10年後の自分の体力や知力や人生感は、やっぱり違ってくると思っています。


読者の皆様も、ぜひ、本当は続けたいけれど、
挫折してしまっていることを、
軽やかな気持ちで、細々とでもいいので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

継続は力なり、です \(^0^)/

天上龍と地上龍

 
 この原稿を書こうと思って、久しぶりにWebのページで過去のレポー
トをじっくりと読んでみました。自分で言うのも何ですが、最近はいい
原稿を書いていますね。

 私は、よく言えば何かが降りてきているのかもしれませんが、自分で
書いた原稿のことをあまり覚えていません。もちろん、読み直せば思い
出すのですが、書いてしまえばそれで終わりで次のことに興味が移って
いて、無意識化で過去をドンドン忘れるようにしているのかもしれませ
ん。

 正直に書くと、舩井幸雄.comは多くの人に読まれているので、かな
り気を遣って書いています。父が亡くなって3年以上経つのに未だに舩
井幸雄.comはちょっと反則ではないかと思うのですが、ブックマーク
をしてくださっている方が多いのか、アクセス数は落ちていません。

 いまでも、仕事関係の人などに知り合いになってしばらくしてから、
実はご両親のどちらかが舩井幸雄の大ファンだったので、私もずいぶ
ん本を読みましたという人にお会いすることがあります。そういう意
味では舩井幸雄の影響力はまだまだ大きなものがあるということだと
思いますし、当分はその影響力にありがたく甘えさせていただいて、
このまま続けていこうと思っています。


 これも変な話ですが、いろいろなことを知っている知り合いから、
舩井幸雄.comはよく読まれているwebなので、注意して書かないとい
けないと諌められたことがあります。影響力があるので、スピリチュ
アルなことなどは、よほど確証を持って書くか、語尾などでうまく逃
げておかないと危ないよということでした。

 そんなこともあって、自由に好きなことを本音で書いているのは、
はるかにこのにんげんクラブのウィークリーレポートの方になるので
す。気軽になりすぎて中身がないことも多いので反省することもある
のですが、ここしばらくはあまり動き回らずに日々を丁寧に過ごして
いたので、落ち着いていい内容になっているように感じました。

 正確に言うと、年初はかなりセーブして動かないようにしていたので
すが、先月の半ばぐらいから少しずつ動き始めたので、余裕を持ちつつ
動けていて中身がある話題が多くなっているようですね。


 そんな今日は、龍の話を書いてみたいと思います。
2012年に小川雅弘さんと龍を求めて、諏訪湖とアフリカのビクトリア
湖に行ったことがあります。本当はイースター島にも行くはずだった
のですが、荒井義男先生がイースター島に行けば死なないまでも大けが
をすることになるとおっしゃってくださって、行かずに済みました
(小川さんは私の代わりにご家族と行ってこられました。神さまから
のオーダーに関しては二つ返事(ハイかYes)を貫いている姿勢には
本当に頭が下がります)。

 その時に、小川さんと私に龍がついてくれたと村中愛さんに教えても
らったのですが、小川さんは村中さんに言われてちゃんと龍とコミュニ
ケーションを取っていたのですが、私は終わったことはほとんど忘れて
しまうという悪い癖が出て、龍のことをほったらかしにしていました。
すると、餌(たぶんコミュニケーションを取って意識を交わすことです
ね)ももらえずに寂しがっていると村中さんから怒られて(?)しまい
ました。

 歳がばれますが、私は辰年生まれなので、龍のことが大好きです。最
近は、中国や日本では龍はとても大切な生き物で尊敬されているのに対
して、西洋、特にキリスト教の文化圏ではドラゴンは退治すべき悪者で、
ドラゴン退治をした人が英雄であり聖人であることに気がついて、この
文化の違いを解き明かしたいなあと思っています。あまり詳しい解説は
やめておきますが、村松祐羽さんのおっしゃっている性の話に関係ある
のではないかと個人的には思っています。

 こんなことを書こうと思ったのは、会社に来ると伊藤てんごくさん
龍の力があなたに宿るCDブック 』(ARC)を贈呈いただいていたか
らです。まだCDは聞いていないのですが、本の内容はとても興味深い
ものでした。龍には天上龍と地上龍の2種類があり、地上龍は五行説の
木火土金水に対応した、青龍、赤流、黄龍、白龍、黒龍がいる等、興
味が湧く内容で一気に読んでしまいました。本は70頁ほどの短いもの
で楽しく読めますので、開運に興味がある方はぜひお読みください。

 また、週末は大阪と東京でトータルヘルスデザインの美と健康セミ
ナーに参加してきました。メイン講師ははせくらみゆきさんで、新刊
の『宇宙とあっさりつながる最強のワークブック』(かんき出版)と
宇宙を味方につける リッチマネーの秘密』(徳間書店)をいただ
きました。前者はアマゾンで「自然哲学、宇宙論、時間論」のカテゴ
リーで1位、後者は「金融、ファイナンス」カテゴリーで1位になって
います。(4月17日の午前中現在) 

 東阪2回のセミナーで800人以上を集客して数百人のキャンセル待ち
が出ていたというみゆきさんのパワーは相変わらずですが、私と本を
出すまではお金というテーマにはあまり縁がなかったと思います。
みゆきさんとは、『チェンジ・マネー』(きれい・ねっと)
お金は5次元の生き物です! 』(ヒカルランド)という共著を出して
いるのですが、みゆきさんの本が「金融・ファイナンス」カテゴリーで
1位になるとは感激です。本の最後に紹介されている「リッチマネーの
秘密」という物語(詩)は秀逸ですので、ぜひお読みいただければと思
います。

 「美と健康セミナー」では、私も30分ほど時間をいただいて、いま気
になることと私が理事長をしている「協同組合 企業福祉共済会」を例
にあげて、人を大事にすること、自分を大事にすることがこれからの経
営を上手くいかせるためのポイントであることを話させていただきまし
た。会社を経営されている方や、個人経営でも青色申告をしている方な
らご活用いただけますので、よかったらHPを見てみてください。
よろしくお願いいたします。

      

「からだ占い」 からだの声から「思いグセ」や「生き方」が分かる!


「からだ占い」 からだの声から「思いグセ」や「生き方」が分かる!

タッキー先生 (著), 滝村桂子 (その他)
BABジャパン 刊
1,300円+税

占いは数々あれど、からだ!?
ためしに自分の「からだちゃん」はどれだろうと、
調べてみたら、「まゆ」!?

なんで!?

と思いましたが、内容を読んでいくうちに、
どんどんと、のめり込んでしまいました。


タッキー先生こと滝村桂子さんは、薬剤師です。
20年、18万件の患者さんのカウンセリングをするなかで、
同じからだの症状の人には、同じ口ぐせがあることに気付きます。
からだの不調は、からだからのメッセージ。
心の思いグセに気づかせてくれるものだとわかりました。

その思いグセ(価値観)はどこから生まれたのか。

ひとつは親の育て方。
でも兄弟でもそれぞれの個性を持っている。

もうひとつは「生年月日」生まれてきた日に意味があるのではないか。

そう思っていた時、インド密教の「宿曜経」に出会います。
約1200年前、遣唐使として中国に渡った「空海」が、
高層から口伝で受け継いだものです。

太陽ではなく、月のリズムに則った占いであることに惹かれ、
さらに原典を読み解くと、
生まれてきた日の、月の位置である「宿」に
それぞれ「頭」「額」「すね」・・・
からだ全体の部位があらわされていたのだそうです。

それを発見した時、タッキー先生は、
思わずガッツポーズをしたそうです(^^)

自分自身を知ることも大切ですが、
なんといっても、相性。
この世の悩みのほとんどは、人間関係ですから。

芸能人の例もわかりやすく、
相性チェック回転盤もついています。

道端アンジェリカさんも絶賛!
ぜひ、お役にたててください。

 
にんげんクラブでは、本著の出版を記念して、
四ツ谷のセミナールームにて、
タッキー先生の講演会を開催いたします!!!

新登場!滝村桂子先生『出版記念セミナー』
http://www.ningenclub.jp/blog01/archives/2017/02/429_1.html

2017年4月29日(祝・土)
受 付 13:15~13:30
講演会 13:30〜16:30

会場 船井セミナールーム(JR四ツ谷駅麹町口より徒歩3分)
千代田区麹町6-2-1 麹町サイトビル 3F


参加費 にんげんクラブ会員 6,000円
   ザ・フナイ購読中の方 6,000円
   一般の方       8,000円

 ※滝村桂子先生は、ザ・フナイ4月号より、連載中です!


タッキー先生に会いに来てください!
お待ちしています。

月別アーカイブ

  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 黎明
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら