サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

Eurovision 2018 in Lisbon 〜来年はエルサレム ? 〜


にんげんクラブの皆様、こんにちは。

月日の経つのは早いもので、このブログで 「ユーロビジョン・ソング・
コンテスト」を紹介するのも4回目となりました。

欧州放送連合(EBU)による恒例のソングコンテスト、今年の開催地は
ポルトガルのリスボンです。

5月12日に決勝戦が行われ、イスラエル代表のネッタ・バルジライ
(Netta Barzilai) が優勝しました。


リサ180523-1.jpg
(エンターテナーとして群を抜いていたネッタ(中央))

ネッタは着物風の衣装にシニョンを結った髪型で、背後には金の招き猫が
ずらっと並んでいます。

ピカチューという単語が出てきたと思ったら、サビの部分では
「I'm not your toy」と連呼しながらチキンダンス。
鶏を真似した腕の動きと後ろの招き猫の手が妙にマッチしています。


「Toy」はセクシャルハラスメント告発「#MeToo」運動に触発された
女性応援歌だそうです。


圧倒的なパフォーマンスで観客を惹きつけるネッタの「Toy」はこちらから。
https://www.youtube.com/watch?v=NTjmX1JPoSA


ユーロビジョンではその年の優勝国が翌年の開催地となりますので、
2019年のコンテスト会場はイスラエルです。

「来年はエルサレムで」と述べたネッタさん。

その一方では、イスラエルを取り巻く中東情勢の緊迫を踏まえ、同国で
来年開催されるコンテストのボイコット呼びかけが始まっています。


リサ180523-2.jpg
(イスラエル優勝を喜ぶネタニヤフ首相。曲中で使用された
「チキンダンス」をネッタさんと共に披露。(エルサレムにて))


歌謡コンテストには字幕が出ないので、他国の人にも伝わるよう
英語で歌う出場者が増えました。

でも、フランスの歌手はずっとフランス語で歌っています。
フランス人にとって歌(ソング)はあくまでもシャンソン。

フランス代表の夫婦デュオ、マダム ムッシュー(Madame Monsieur)
の歌う「Mercyメルシー」は13位に終わりました。

黒一色の服に赤いスニーカーとギター。
他国の派手な演出に比べると地味すぎたのでしょうか。


リサ180523-3.jpg
(フランス代表はシックに決めていたけど、地味すぎたかな)


リサ180523-4.jpg
(キプロス代表の歌う情熱の「Fuego」)

リサ180523-5.jpg
(エストニア代表は電光装飾ドレスで)


歌の題名になった女の子、メルシー(Mercy) は実在します。

彼女の母親は妊娠中にナイジェリアから逃れ、地中海を難民船で渡ります。
メルシーは2017年にSOS Mediteranéeの人命救助ボートで生まれました。
現在は母娘共にシチリアの難民キャンプで暮らしているそうです。

「私は 今朝生まれた。二つの国を隔てる海で、名前はMercy(メルシー)。
ママは私を体内に宿して八ヶ月半旅した。戦火を逃れて失うものは何も
ない、命を除いては。......(略).....私は10万年生きる、海に飲み込まれて
しまった、あの子供達の分も。......(略)...わたしは大丈夫、
Merci(ありがとう)」


リサ180523-6.jpg
(2017年3月。生まれたばかりのメルシーちゃんを乗せたSOS
Mediteranée (メディテラネ)救助船がシチリアのカタニア港に入ります)


「ジュ・スイ・ネー・スマタン・ジュ〜マペール・メ〜ルシー」

娘が冒頭部分をよく歌っています。

歌はこちらから(英語の字幕つき)
https://www.youtube.com/watch?v=3T3EGaIwIbA

ユーロビジョン・ソング・コンテストを毎年放映してきた中国。
検閲が問題となり今年の決勝戦は放映されませんでした。

アイルランド代表、ライアンの歌う「Together」は失恋をテーマにして
いて、特に同性愛を描いているわけではないのですが、舞台演出が男性
カップルのストーリーになっていて、中国の放送局が検閲したようです。

準決勝戦が中国で放映された際この曲が削除されていたため、ユーロ
ビジョンは中国の放送局とのパートナーシップを打ち切りました。

「Together」はこちらから。
https://www.youtube.com/watch?v=QD1cQ2wZ1dk


最後に紹介するのは、5位にランキングしたイタリア。

エルマル・メータとファブリツィオ・モーロのデュオが歌ったのは、

「Non Mi Avete Fatto Niente
お前達は私に何もしていない(できなかった)」


カイロ、パリ、ロンドン、ニースなど大きなテロ被害にあった都市の
名が出てきます。


リサ180523-7.jpg
("この世は再び立ち上がる、一人の子供の笑顔と共に"
  反戦と反テロをストレートに訴える曲)


サビの要約は、

「お前達は私に何もしていない。私から何も奪えなかった。
私の人生は続いて行く、お前達の無益な戦争を乗り越えて。
お前達は何も得ていない。平和主義爆弾などあり得ない。
私たちの道を塞ごうとするテロに対してこの世は再び立ち上がる、
一人の子供の笑顔と共に。.......
全て元に戻らないと知っている。
幸せは泡のように飛び去ってしまった。」

曲はこちらから。ランダムに15ヶ国語に翻訳された字幕がついています。
https://www.youtube.com/watch?v=V4zO_1Z_1S8


昨日、日本にいる母から高校生の長男に小包が届きました。

早く届くよう航空便で送ってくれていたのですが、フランスでストが
あったせいで(フランス&イタリアに郵便物がすんなりと届いた試しはない)
到着が少々遅れてしまったようです。

入っていたのは本田健さんの著書で、
「決めた未来しか実現しない」
「10代にしておきたい17のこと」の」2冊。

「舩井フォーラム ザ・ファイナル」で本田健さんにしていただいた
サイン入りです。


リサ180523-8.jpg


地球に明るい未来がもたらされますように。

リサ 5月21日 リヨンにて



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや