サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

2018年2月号おすすめ書籍(会報誌より)『見る見る幸せが見えてくる授業』『古代史ホツマツタヱの旅 第1巻』

   

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


見る見る幸せが見えてくる授業
ひすい こたろう(著)
サンマーク出版 刊
定価1,400円+税


本書は、12年間幸せに関する著書だけを書き続けたひすいこたろうさんの
新刊です。ひすいさんには、以前ににんげんクラブでもご講演をいただき、
とても好評でした。ひすいさんの講演も著書も、読めばとても幸せな気持
ちになって癒され、悩んでいたことがスッキリとした気分になります。

本書は、幸せなんて存在しないと思っている人、どの本を読んでもなんと
なくわかった気がするだけで結局変われなかった人、今まさにストレスな
どの悩みを抱えている人に向けて書かれた本だそうです。

ひすいさんが先生となって、1時間目から7時間目まで理科、社会、算数
などの授業のように、幸せについてのものの見方を教えてくれます。

オセロの黒が一つのコマを置いただけで白く変わっていくように、暗かっ
たように見えた人生も、見方を変えるととても幸せだったことに気づくこ
とができます。

それぞれのものの見方は、とてもシンプルでわかりやすく、随所に笑いも
交えて書かれてあり、楽しく本書を読みました。特に奥様や息子さんとの
エピソードはとても面白く、家族やまわりの人との関係性や付き合い方の
参考になりました。

ひすいさんは、本を普段読まない人でも読める本を想定して文章を書かれ
ているそうなので、本書もとても読みやすいです。読みやすいし、楽しい
けれど、内容はじつは深くてじっくり考えさせられ、自分を見つめる作業
が必要になる本なので、本書を読み終えるのは意外と時間がかかりました。

シンプルな中に、幸せに気づくためのエッセンスがギュっと詰まっていま
す。ひすいさんの膨大な時間をかけた幸せ研究や、人生そのものが詰まっ
たような一冊でした。一つの項目ごとに、楽しく味わいながら読みたい本
だと思いました。ぜひお読みください。


(編集室 兒玉裕子)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


古代史ホツマツタヱの旅 第1巻
いときょう(著)
ホツマ出版株式会社 刊
定価2,000円+税


紀元前4000年、クニトコタチは、この島国で一族がどのようにして
仲良く暮らしていけるかを真剣に考えました。
「良い国になるに違いない」
最初の天皇(アマカミ)の意志で、この国は始まりました。
「民を豊かにすること。民の安定した生活こそが国の平和と安全をもたらす。
そのために自分の身を惜しんではなりません」
歴代のアマカミはこの教えを引き継ぎ、強い使命感を持って国の発展に尽く
しました。

これが「ホツマツタヱ」に書かれている日本の歴史です。これが本当だと
したら、なんと誇らしいことでしょう。私は信じたいと思いました。

著者は、専門の古代史研究家でも、学者でもありません。
偶然「ホツマツタヱ」の本に出合った当初は、あまりの難解さにかなりの
間放置していたそうです。ところが妻との旅にホツマツタヱゆかりの地を
選んだことがきっかけで、この古代文献には何かがある、もっと知りたい
と、興味・研究を通り越して、求道(ぐどう)、啓示を受けての行為とも
いえるような、情熱を傾けることとなってしまいました。

その旅の中で、著者が出合い、語りかけてくれたことなどから、思いつく
ままに書き綴ってできたのが本著です。
新幹線で日帰りしたこと、昼食で食べたおそばのこと、地元の人との会話。
現代と、縄文の時代に生きてきた人々が交差して、まるで映画を見ている
ようにイキイキと描かれていきます。

「『古事記』や『日本書紀』を古代のおおらかな描写と語る方もいますが、
ホツマツタヱの五七調の美しさ、品格からは大きな開きがあります。
神武天皇以前に存在した古代の日本の指導者における民を思う心、指導者
としての純粋な悩み。これが認められていたら、戦争は回避できたかもし
れない」

旅を通して、こんな大胆なことまで言えるとは、著者自身も思ってもいな
かったそうです。ぜひお読みください。


(編集室 柴切純子)




カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや