サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

秋晴れ 座談会報告

1508223870067.jpg


先日、10/14に山形県新庄市で、生態系生体システムプログラム農法で
育てられた「命仁」の圃場視察と座談会がありましたのでご報告させて
いただきます。

例年ですと10月の上旬に稲の刈込は終わっているのですが、今年は、
収穫の時期が遅れており、10月中旬に延びたようです。

米の収穫の時期、夕日に照らされて黄金色になる田園風景は、都会にない
"美しさ"です。私も、この時期の田園風景を見て感動しますが、やはり
一番この時期に感動しているのは、普段から、稲と会話して育てている
生産者の方々だと思います。

1508223829685.jpg

人の体は、不食の人以外、食べたもので出来上がっているので、良好な
健康状態を維持していくには、残留している農薬がなく、食材そのものの
エネルギーが高いものを取り入れたほうがいいに決まっています。

生産アドバイザーである(有)帰耕社長の早坂さんが、山形県庄内地方で
行われた生体エネルギー研究所の佐藤先生の農業勉強会に初めて参加した
のが平成2年といいますから、かれこれ27年前になります。

「人の命と健康に貢献できる農産物の生産」が農業者の使命であると考え、
食べると健康になる薬以上の農作物を常に追求しています。
本来の力を100%引き出したお米が「命仁」です。その本来の力とは
「眠りの活性」です。
詳しくはhttp://www.myo-jin.com/about/をご覧ください。

1508223733860.jpg


圃場見学の後は、生態系生体システムプログラム農法で育てられた、食材
で山形県の郷土料理「いも煮」と「命仁」で食事会です。

1508241808392.jpg


山形県の内陸部では、牛肉を入れて醬油味が一般的ですが、日本海側の
庄内地方や宮城県では豚肉で味噌味が一般的です。

中に入れる基本的な材料は、里芋、ネギ、こんにゃく、牛肉、醬油、砂糖、
お酒で味付け。ごぼう、しめじなどのキノコを入れるとさらに美味しくな
ります。
残りにカレールーを入れていも煮カレーうどんの出来りです。


今晩の晩御飯の一品にどうぞ!
芋煮会は、河川敷などで芋煮の鍋を囲む宴会なのですが、このスタイル
が定着したのは明治25年ごろといわれ、見合いや商談、送別の場になっ
たりしたそうです。

今のご時世を反映しているのかも知れませんが、昔は、職場関係での
芋煮会が多かったのですが、現在では職場関係の芋煮会が減り、地域関係、
家族、サークル関係で集う方が圧倒的に多いそうです。

1508223691028.jpg

午後からの座談会は、特にテーマを決めたわけでもなく、自然な流れで、
自由にお話をしていただきました。

早坂さんと勝仁さんに、生体システム実践研究会のお話をしていただき、
後半は勝仁さんによる、最近行かれたペルーとアウシュビッツ、経済、
選挙、人工知能、次元について、多岐にわたる座談会となりました。

個人的に一番関心があるのは、次元の話がとても理路整然としていて、
府に落ちるところがありました。
私も、あまり理解することができず、まだ、感覚的に納得した感じなの
ですが、すべての事象は、数字で表現できるものだと思っていて、それが
デジタルの世界で、デジタルとアナログの世界が融合したらどうなるのか?
と妄想が止まりません。

伝統職人の職人芸は、誰にでも出来るわけではありません。
しかし、それをデジタルで数値化できれば、誰にでも出来るのです。

自然や環境のなかに規則性を見つけ、自然を 細分化し、対象の変化を
数値で表し、世の中に起きる現象を細かく分析し、それを数値化して
発達したのが近代工業社会です。

人工知能は更に進化し、この流れは加速していきます。コンピュータなし
に現代の社会は成り立ちません。
人工知能と人間のかかわり方が問われており、仮想空間と現実社会も
いずれ融合しそうな時代です。

人工知能はいずれ大きく社会を変え、新たな職業も登場してきますが、
人工知能に及ばない職人芸とは人の魅力に尽きると思います。

生態系生体システムプログラム農法の圃場見学と座談会は、「命仁」の
田植えと収穫の時期、6月と10月ころ、2回開催しています。

生体システムに関心がある方、健康になる美味しいものを食べたい方、
是非ご参加ください。
毎回、勝仁さんから座談会としてお話をして頂いております。
大きい会場では、なかなか話せないようなことも聞くことができるかも
しれない貴重な異次元空間です。

最後になりましたが、今年も、"生体システム実践究会山形支部"と
"にんげんクラブ山形支部"の合同忘年会を予定しておりますので、
こちらもぜひご参加ください。

詳細は今後、ご案内いたします。


image002.jpg
SORA shinononme 

URL http://sora-shinonome.jp
E-mail sora1@shinonome1.jp
TEL0237-47-4501 FAX0237-47-0739     代表 菅原 和幸




カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや