サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

「パレ・イデアル Palais idéal」〜シュヴァルの理想宮〜


皆さんは子供の頃よく石拾いをしましたか。

まだら模様に縞模様、星屑をちりばめた夜空。
おにぎり、ハート、卵型、氷砂糖にマーブルチョコ、カラフルなあられ。
チョークみたいに絵がかけたり、真ん中に丸い穴が空いていたり。

石には不思議がいっぱい詰まっています。


4歳の娘は散歩のたびにポケットに石を詰め込みます。

そこが美しい砂浜であれば微笑ましく見ていられるのですが、犬のウンチ
が転がっているような歩道(フランスには多い)では「ばっちいからポイ
してっ」と、つい叱ってしまいます。

石の数々を家でうっとりと眺め、丸くて飴色のを思わず口に入れようと
した彼女の手から、間一髪で石を取り上げました。

15歳の息子の部屋には大切な石コレクションが入っている箱があります。

息子が幼少期から今にかけて道端や川沿いで集めたもので、「牛(白黒
模様)」とか「キャラメル」などニックネームが付けられています。

引越しのたびに石ぎっしりの重い箱を持っていくのが億劫で、彼に黙って
コッソリ捨てた石もあります。今まだ箱にある石は、私の「捨てなさい」
攻撃の末に彼が渋々厳選したもの。 なかには、蚤の市で父親にねだって
買ってもらったミネラルと呼ばれる鉱物の結晶など、少し価値のあるもの
もあります。

さて、前置きが長くなりましたが、ここからは石の魅力にとりつかれた
一人の男性のお話。

リヨンから車で一時間ほどの小さな街「オートリーヴ(Hauterives))で
郵便配達の仕事をしている「フェルディナン・シュヴァル」さんは、
1879年4月のある日、石につまずいてしまいました。

自分がつまずいた石を見てインスピレーションが走った彼は、次の日
同じ場所に戻り、辺りには他にも様々な個性的な石が転がっていることに
気づき感銘を受けます。

「そうだ、石を集めて思い描いていた宮殿を造ろう」

仕事の後や休日をフル活用して休むことなく1万日。
9万3千時間をかけ、彼の理想の宮殿「パレ・イデアル」は1912年に
完成します。 

リサ227-1.jpg
(「パレ・イデアル」の外観)

リサ227-2.jpg
(シュヴァルさんが躓いた石。
https://fr.wikipedia.org/wiki/Palais_idéal より
「パレ・イデアル」創作のきっかけとなったこの石は
宮殿のテラスに飾られている)


43歳で宮殿建設に着手してから33年、彼は76歳になっていました。

その間には、15歳の娘を病で失うという悲しい出来事もありました。

宮殿建築に勤しんでいた彼には旅行する時間など皆無。郵便配達人だった
ので、ポストカードに描かれている異国の風景などを見て海外にいる気分
に浸ったようです。

宮殿の階段のところには「Défence de rien toucher (何も触れないのは
ダメ)」とシュヴァル自身により刻まれており、私たちは自由に宮殿の
中を散策することができます。


リサ227-3.jpg
(宮殿の東入り口には「何も触れないことを禁ずる(さわって下さい)」
「子供が怪我をしないよう親御さんは付き添って下さい」と書かれている)

リサ227-4.jpg
(では早速階段を登ってみましょう)

見るだけではなく、実際に入っていろんな角度から体感できるこの宮殿、
6.5ユーロ(約780円)の入場料を払う価値はあります。

シュヴァルさんが、33年間どこへも行かずたった一人で完成させた
この宮殿は「郵便配達人シュヴァルのパレ・イデアル(理想宮)」と
呼ばれ、国内外から毎日多くの人々が訪れています。


リサ227-5.jpg
(「ヒンドゥー寺院」と書かれたモニュメント。
その他、「エジプト神殿」「自然神殿」なども見られる)

リサ227-6.jpg
(3人の巨人「César 」「Vercingétorix 」「Archimède」)


リサ227-7.jpg
(シュヴァルが石の収集に使っていた手押車)

リサ 2月26日



月別アーカイブ

  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら