サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

2016年8月号おすすめ書籍(会報誌より)

      

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



最初で最後の自由


本書は、インド生まれの思想家、哲学者、教育者であるクリシュナムルティ氏
(1895~1986)の代表的な著作の一つです。原書は、『The First and
Last Freedom 』として、1954年に出版されました。その後、『自我の終焉』
というタイトルで邦訳の書籍が出版され、長らく絶版になっていたものを、20
15年7月にナチュラルスピリットから、新訳で新たに出版されました。

本書の初めの数ページを読み始めたときの感想は、なんと難しい本だろう
というものでした。読むのをやめようか......とあきらめかけてからわずか半
ページほど読んだあたりで、突如著者の言葉がストレートに伝わってきまし
た。それは胸を打つような内容で衝撃が走り、電車に乗っていたにもかかわ
らず、自然と涙がこぼれ泣いてしまいました。そのときの自分にとって、あ
まりにも本質を突いてくる内容だったのです。

本書は、講演・講話のまとめられた前半と、質疑応答をまとめた後半の二
部構成になっています。それぞれ、知識、教養、孤独、努力、矛盾、自己と
は何かなど、様々なことが著者独自の言葉で語られています。それらは、
個人的にとても共感できる部分もあれば正直なところ難しくて何が書かれて
いるのかよくわからないこともあります。

しかし不思議と、わからないことが、嫌ではなく心地よさを感じました。今の
自分にはわからないけれど、数年後にもう一度読んでみたらどんな感想を
持つだろうな、と興味を持ちました。

世界を見渡すと、災害や飢饉、戦争や混乱など、様々な苦悩があります。
それら社会のシステムをどう変えていくかと我々は外の世界の改革のみを
取り組みがちですが、まずは自らのあるがままをしっかりと観察することが
大事だと本書では語られています。自らの内側の変革なしには、外側の社
会の本当の変化や修正はありえないのだそうです。その変革のためには、
誰かに何かを教えてもらうのではなく、自分で「創造」に触れる必要があり
ます。外側の世界に不平不満を持つ前に、まずは自分の生き方をしっかりと
見つめていこう、と思える本でした。

ぜひ多くの方に本書をお読みいただきたいと思います。

(編集室 兒玉裕子)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


命と人生を決める歯臓と遺伝子


本著は、5つの章から成り立っています。

第1章と第2章は、村上先生の治療の様子です。2015年6月に福岡で
行われた「第23回健康歯学フォーラム」のゲストとして講演された村上和
雄先生が、事前対談のために、福岡に到着するところから始まります。
当時、村上先生は脳梗塞を患われたことにより、体調を崩されていました。
通常は同行することのない奥様が、あまりにも心配なので同行されていま
した。見るからに辛そうなご様子に、事前対談は中止して村上先生の歯臓
治療を提案すると、「ぜひお願いします」ということで村津先生の歯臓治療
(むらつ全機現カミアワセ治療)が始まりました。

 一般的な歯医者さんの治療とはまったく違います。突然診察台を倒して
両足の長さを比べたり、指の筋力反射テストをしたり。「スーパーライトボ
ディ」、「ゼロポイントフィールドのゲート」、「95%のジャンクコードと呼ばれ
ていた遺伝子情報の目覚め」......普通では聞いたことのない言葉が飛び
交います。遺伝子を解読し、これを書いた存在を、「サムシンググレート」と
名付けた村上先生も、さすがにびっくりされ、科学的にはどうなのかと、しば
し無言で考えている様子。そして、治療後の自分の変化に驚く様子が、会話
形式で表現されているので、映像が思い浮かぶほどリアルに展開されてい
きます。

第3章は村上先生の「遺伝子研究から実感したサムシング・グレート~
あなたの思いが遺伝子のオンとオフのスイッチを切り替える~」のご講演内容。

 第4章で講演の補足。各細胞が持つ遺伝子情報はすべて同じなのに、バラ
ンスを取って、心臓や、腕や、それぞれが別々の役割を果たしているのは、
周りを生かし助け合うことができる「利他的」な遺伝子があるからという言葉に
ぐっときました。

第5章は、歯臓治療によってさまざまな全身症状が改善した奇跡の体験談、
喜びの声が続きます。

情報盛りだくさんの本です。ぜひお読みください。


(編集室 柴切純子)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



アカシックレコードの使い手になる! すべてのネガティブをリセットして新しい未来を創造するその方法!


 著者であるエルネスト・オルティスは人々の意識と幸福の向上を目指す
ジャニー・トゥー・ザ・ハート社の創設者で代表です。過去25年間で米国を
はじめいろいろな国で何百ものワークショップとセミナーを開催されている
そうです。

 ほぼ20年にわたり自分のために、また仕事として個人の癒し、成長、自己
表現を目指してアカシックレコードに没頭してきたそうです。 
    
 アカシックレコードは、人間がこれまでに経験してきたあらゆる知識が、
スピリチュアルな次元に暗号化された宝物だそうです。アカシックレコード
を開くと「内観=View」にアクセスする機会に巡り合えます。「内観」とは私
たちが物事をあるがままに見る能力を意味しているのだそうです。また、
批判や非難がない空間それは慈悲に溢れ、過去の痛みや悲しみを忘れさ
せてしまうほど愛に満ちた世界でありそれが精神の本質であるということを
学ぶことができるそうです。そして「内観」を学び、慈悲と愛の心を持ち、
人生と呼ばれるこの旅を快適なものにするために必要なもののすべてを
自らに与える完璧な方法なのです。

 「内観」は正しい順序で「存在すること」、「なすこと」、「もつこと」を実践
する手助けとなり、私たちがそうなりたいといつも思っていた自分になるこ
とができるようになるのです。本著はマスターが出迎えてくれる場所=アー
カーシャの図書館の入り口に行けるパスポートであり、私たちを直行エレ
ベーターで導いてくれるでしょう。

 アカシックレコードを開くための秘文〈聖なる祈り〉と〈AAA法=自分を中心
に置きエネルギーを心に運ぶ方法〉を公開し、アーカ―シャのフィールドに
アクセスするために具体的に導き、ガイド、マスターとのコンタクト法や会話
法も紹介しています。

 そしてアカシックレコードの入り口をくぐり抜け、マスターまでオルターエゴ、
カルマ、サンサーラ(輪廻)を届けることですべてのネガティヴをゼロにして
アカシックレコードの使い手になりませんか!?

 ぜひお読みください!

(編集室 江尻みゆき)



カテゴリー

月別アーカイブ

  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら