サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

バレンタイン 〜Une Table claudienne en chocolat〜


にんげんクラブの皆様、こんにちは。

こちらは寒さがぶり返し、春の足音が一歩遠のいたようです。

リヨンの観光名所フルヴィエールの丘には、古代ローマ劇場跡があるのですが、
そこの「Musée Gallo-romainガロ=ロマン博物館」が開館40周年を迎えました。

この博物館にはローマ皇帝クラウディウスの演説が刻まれた銅板の一部が貯蔵
されています。この銅板は「La Table claudienne ラ・ターブル・クロディエンヌ」と
呼ばれ、1528年にリヨンで発見されました。

博物館の40周年記念として、この「La Table claudienne 」 のレプリカをチョコ
レートで作成するプロジェクトがリヨン中央学校のトライポロジー研究室により
進められました。

40キロのチョコレートを使用し、ショコラティエ「ブルーノ・サラディノ」氏の協力を
得て、世界初! ローマ帝国4代皇帝のお言葉が刻まれた大型板チョコ
「Une Table claudienne en chocolat」が完成しました。
(クラウディウスの板チョコ製作過程はこちらのサイトから見ることができます。)
http://photo.lookatsciences.com/index.pgi?UserName=__GUEST&feature=7872&Language=fr

そして昨年11月15日にその板チョコを金槌で砕いて来場者にお裾分けする
予定だったのですが、11月13日にパリ同時多発テロがあったためイベントが
延期され、今年の2月14日のバレンタインデーに実現する運びとなりました。

チョコが砕かれる当日は我が家も「40周年記念、入館無料チョコおすそ分け」に
つられて来館。入り口の長い列に並ぶこと一時間、やっと入ることができました。

館内数々のガロ・ローマ文化展示物には目もくれず、私達一家は3階の板チョコ
割り会場へと直行。すでに大判チョコレートは大勢の人に取り囲まれ、金槌でゴン
ゴンとチョコを割る音だけが聞こえてきます。

砕かれたチョコレートのかけらには金色のラテン文字が刻まれていました。
チョコはかなり分厚くて硬かったのですが、美味しかったですよ。

リサ216-1.jpg
(ローマ皇帝クラウディウスの演説が刻まれた大判チョコレート,
「La Table claudienne en chocolat」が、金槌で砕かれ来館者に配られます。)


リサ216-2.jpg
(約30分後、40キロのチョコレートは全部なくなりました。)


リサ216-3.jpg
(「La Table Claudienne en chocolat」のかけら。
金色のラテン語文字が見えます。)


バレンタインには花束を

バレンタインというとチョコレートが定番ですが、フランスではチョコよりもむしろ
花がメインです。

こちらでは男性が女性に花を送ることが多いので、バレンタインデーの花屋さん
には、朝から男性が入れ替わり立ち替わり花を買いにやってきます。

フランスではバレンタインのことを「St. Valentin サン・ヴァロンタン」といいます。

リサ216-4.jpg
(バレンタインデーの花屋さんは朝から大忙し)


リサ216-5.jpg
(花を買い求めに男性がひっきりなしにやってきます。)


リサ216-6.jpg
(恋人には花束を。リヨンのローマ円形劇場跡にて)

さて、先週シャンドルールのクレープを話題にしたところですが、今週のフランスは、
どこにいってもカーニバル(謝肉祭)の時期に食べる揚げ菓子「Bugnesブーニュ」が
売られています。

リサ216-7.jpg
(スーパーにも「Bounesブーニュ」が山積み)


リサ216-8.jpg
(ブーニュにはドーナツタイプ(向かって左下)と薄いタイプ(右下)の2種類あります。
右上は、チョコでできたカーニバルの仮面。)


一月にはガレット、二月は、クレープにブーニュ、バレンタインチョコレート。
そして3月下旬にはイースターがあり、もうすぐ卵型チョコが出回ります。
フランスでは新春から春にかけてお菓子を食べる行事ばかりのようです。


リサ 2月15日 リヨンにて




月別アーカイブ

  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 黎明
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら