サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

Lumignon ルミニョン 〜小さな灯火〜

にんげんクラブの皆様、こんにちは。

12月8日は、リヨン「光の祭典」の日です。

本来なら300万人の人出となり、街は華やかなイルミネーションで演出される
はずなのですが、今年は11月13日にパリで同時多発テロが起きたため、
大掛かりな祭典は中止、各家庭の窓辺に祈りのキャンドルを灯すこととなりました。

リヨンでは、12月の8日に聖母マリア様に感謝して「Lumignon (ルミニョン)」と
呼ばれるキャンドルグラスを窓辺に並べる習慣があります。


リサ12-1.jpg
(窓際に並べられたキャンドルグラス「ルミニョン」)

リヨンの街は古くからマリア様のご加護があると言われており、流行病や戦争で
危機が訪れるたび、人々はマリア様に祈りを捧げてきました。

なぜ窓辺にルミニョンを灯すようになったのでしょう。
それには、こんな経緯があります。


《1852年、人々は9月8日のフルヴィエール礼拝堂のマリア像完成を待ち
わびていました。ところが、あいにくの悪天候により像を委託されていた製作
所の床が浸水、完成が遅れることとなり、お披露目の式典は12月の8日に
延期されてしまいます。
そして待ちに待った12月8日の朝、リヨンは悪天候に見舞われ式典はまたも
や中止。待ちきれなくなったリヨンの人々は、各々の家の窓にたくさんのルミ
ニョン(キャンドルグラス)を灯しました。》

これがリヨンの光の祭典の始まりです。

数日間に渡りイルミネーションで街を演出する祭典は1999年から始まり、
今ではリヨンの一年に一度の大行事となっています。

今年は例年のような大規模な祭典は開催されませんが、旧市街のフルヴィ
エールの丘では、金色のマリア像が街を見おろす大聖堂を彩るイルミネー
ションとともに、「Merci Marie (メルシー マリー) ありがとう マリア」という
一文が浮かび上がりました。

リサ12-2.jpg
ライトアップされたフルヴィエール大聖堂 (リヨン公式サイトLyon.frより)
大聖堂向かって左の鐘塔上に金色のマリア像、
向かって右下に「Merci Marie (ありがとうマリア)」

リサ12-3.jpg
(12月8日はマリア様に感謝してルミニョンを灯す)


各区の区役所前や、広場では、テロの犠牲者を追悼するために多くの人々が
ルミニョンを供えて祈りました。


リサ12-4.jpg
(近所の区役所の階段に灯されたルミニョン
テロ犠牲者追悼ポスター前にも、住民がルミニョンを供えました。)

リサ12-5.jpg
(追悼のルミニョン(ベルクール広場))


セキュリティー対策

今年は静かな光の祭典となりましたが、人が集まる場所には、自動小銃を
持った警察や兵士が警備にあたっています。
銃を持った人の横を通るのは落ち着きません。


リサ12-6.jpg
(旧市街で自動小銃を手に警備に当たる兵士)

2015年、フランスでは1月にパリでシャルリエブド事件(詳しくは1月のブログ
「Je suis Charlie」と「Marche Républicaineフランス共和国の行進」を参照)、
11月にはパリ同時多発テロが起きました。

子供たちがお稽古事に通う公民館も、セキュリティーの為、入館専用ドアと
出口専用ドアが指定され、子供達は入館時間まで親と一緒にドアの前で待機、
子供たちが入館した後は外部のものが勝手に侵入できないようにドアが内側
から自動ロックされるようになりました。うっかり遅刻もできません。

4月に修学旅行でニューヨークに行くはずだった高校生は、もしかしたら旅行は
取り止めになるかもしれないと話していました。

近所の公民館で開催されているボランティアによる外国人のためのフランス
語クラスでは、市内の美術館訪問を企画しましたが、まだ滞在許可証のない
アルバニア出身の女の子は「人の集まる中心街は警察のコントロールも多い
から私は行かない。滞在許可書を持ってないことを指摘されて、なにかあった
ら嫌だもの」と言って欠席しました。

移民としてフランスに来た人々は滞在許可証を申請するわけですが、書類
不備などで何度も却下され、気の遠くなるようなプロセスを辛抱強く歩んで
います。
どんなに急いで書類を揃えたとしても、滞在許可証のない期間がどうしても
できてしまいますし、最終的に許可証がおりないこともあります。

そんなとき、先述のアルバニア出身の女の子のように、特にやましいことは
何もなくとも、街で警察官に身分証明を求められたらどうしよう、と絶えず漠然
とした不安を抱いてしまう気持ちはとてもよくわかります。

シリアから来た18歳の女の子は、現在リヨンのおじさん宅に他の親戚と居候
させてもらい、亡命とフランス国籍取得の許可を待っている状態です。ベビー
シッターをしながら大学の哲学講座に通っています。

彼女は今年、念願の音楽学校に入校しましたが、住民票がない状態で正規の
収入証明もなく、音楽学校の学費を最高額払う(親や個人の収入に合わせて
授業料が変動)こととなり断念しました。

収入証明のない人の音楽学校授業料は円にして年間13万円。祖国のご両親
が学費を出せる状況でもなく、リヨンのおじさんも居候はさせてくれますが生活
を面倒見てくれているわけではありません。滞在許可証もしくはフランス国籍が
取得できれば身分が安定し、仕事も正規契約ができるため収入証明も出せ、
彼女の収入であれば音楽学校の授業料は年間2万円弱で済みます。

音楽学校には通えなくても、どうにかして演奏したい彼女は、時間があれば
市内のTete d'or 公園にある野外ピアノで練習しています。

反移民政策

11月のパリ同時多発テロで、テロリストの一人がシリア難民として入国して
いたことが判明し、移民受け入れに難色を示す人が増えたようです。
先日の仏州議会選では、反移民政策を掲げる極右政党「国民戦線(FN)」が
記録的な投票率を達成しています。

既に多くの移民が暮らしているフランスにおいて、反移民政策をすることが
果たして国内の平穏につながるのか、それは疑問です。

1月と11月に起きたテロの実行犯には、フランス国籍をもつフランス育ちの
若者が数名います。テロ事件の後、新聞のあまり目立たない場所に「警察と
の銃撃戦で死亡したテロリストは、住民登録されている町の公共墓地にひっ
そりと埋葬された」といった記事が掲載されているのを目にしました。
IS思想に洗脳されテロリストとなり若くして死んだ彼らは、移民2世と呼ばれる
フランス人です。

今移民としてフランスに暮らしているファミリーが社会にうまく溶け込んでいけ
るような政策を徹底するほうが先決かもしれません。

移民の親をもつフランス人の若者が社会との繋がりを絶ち、過激な思想に傾倒
する背景として、フランス社会にうまく溶け込むことのできない親の苦労を見て
育ったことや、フランス人なのに移民2世という捉え方をされ差別を受けた経験は
無関係ではないでしょう。

不安な社会情勢にあっても、私たちの日常は今まで通り続いています。
私の周りで急に移民反対派が増えたわけでもありません。

公民館の児童の出入り口セキュリティーが厳しくなっても、親たちは、こんな
小さな公民館でそこまでコントロールするのは大げさかも、と本心では思っています。

今日も学校からは子供達が校庭ではしゃぐ声が聞こえてきます。
クラスの子供達の親の国籍は様々でも、子供達の多くはフランス生まれです。

3歳になった娘が、幼稚園で作ったルミニョンを持って帰ってきました。
12月8日の夜は、私たち一家も娘の持ち帰ったルミニョンを灯して過ごします。

リサ12-7.jpg
(娘が幼稚園でデコレーションした「ルミニョン」と手作りランプ)


リサ 12月8日 リヨンにて



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや