サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

第11回 トップ・シェフ


にんげんクラブの皆様、こんにちは。

黒ずくめのファッションに黒いマスカラ、この人の職業は何でしょう。


407-1.jpg

 この方は、若手料理人勝ち抜き番組『トップ・シェフ 2015 』の準決勝進出を
決めた料理人、オリヴィエ(Olivier 38才)です。
 厨房では白いコック服に着替えますが、髪型と独特の黒いマスカラはそのままです。


407-2.jpg
(オリヴィエは料理のなかに、芸術と哲学を見出しているのだそう。
右は審査員のエレンさん)


 審査員の一人、エレン(Hélène Darroze)は、オリヴィエについて、
「私の30年の料理人生で、このような風貌の料理人に出会ったことはありません。
ただ、確信して言えることは、彼は相当な技量の持ち主ということ。
ルックスとは裏腹に、彼の料理はカラフルで軽やか、風味にあふれている」と語り、
そのセンスを絶賛しています。


407-3.jpg
(オリヴィエさんの作ったデザート。確かにカラフル。
シナモンやジンジャーの他に多数のスパイスが盛り込まれ、審査員に
「その組み合わせはぶつかるのでは」と心配されたにもかかわらず、
その仕上がりは絶妙)

 セミフィナーレに進出したのは、前述のオリヴィエと、
若干19歳にして料理の天才と呼ばれるクサヴィエ(Xavier)、
右腕のタトゥーがワイルドな23歳のケヴィン(Kevin)、の3人です。
 リヨン出身でポール・ボキューズに学んだフロリアン(Florian)は、
先週惜しくも退敗してしまいました。

407-4.jpg
(向かって左から、ケヴィン、クサヴィエ、フロリアン、オリヴィエ)

 『トップ・シェフ』の審査方法は、制限時間内にテーマに沿った料理を作り、
ベテランシェフが審査するという方式ですが、審査員が子供たちのこともあります。
 
 食材は、普段子供たちが苦手であまり喜んで食べないもの(野菜や魚)が
提示されますから、子供たちの興味をそそるよう、候補者たちはいろいろと
工夫を凝らします。コロッケにしたり、ハンバーガー風にしてみたり、
苺と組み合わせてデザートにしてみたり。

407-5.jpg
(野菜や魚は苦手な子供たち。
彼らの興味をそそる料理をつくるのはなかなか難しい)


407-6.jpg
(真ダラのレモン風味コロッケをヨーグルトディップにつけて食べる)


ASAFUMI YAMASHITA 『野菜とコミュニケーション』


 昨年度の『トップ・シェフ 2014』では、審査員として、パリ郊外で農園を営む日本人、
山下浅史氏が登場しました。若きシェフたちは、は山下さんの菜園で、
彼の野菜を使って料理します。

 司会者が候補者に、「ASAFUMIは卓越した園芸農業家であり、数多くのシェフが
彼の野菜を切望します。ただ、出荷できる野菜、果物は、毎日ほんのわずかです。
ですので、彼は自らが選んだシェフとしか取引しません。」と山下氏を紹介した後、
彼の野菜を重用する三ツ星シェフ、ピエール・ガニェール(Pierre Gagnaire)氏が
もう一人の審査員として登場しました。


407-7.jpg
(司会者の質問に答える山下氏(写真左)と、
彼の野菜に絶対の信頼をおく、シェフのピエール・ガニェール(写真右))


 毎朝、野菜ひとつひとつの根元を丹念に見て回る。手塩にかけて育てた野菜は
娘同様だそう。メロンは年間6個しか生産できません。
山下さんは、「私にとって大切なのは料理人の人柄」と語り、若きシェフたちへ
期待することは、「野菜とコミュニケーションを取ること」でした。


407-8.jpg
(調理会場は山下さんの菜園。
「野菜とコミュニケーション」と言われ、少々戸惑い気味の若いシェフたち)


 候補者の一人が、山下さんの大切に育てた蕪を真ん中の部分だけ「ぐさっ」と
無造作にくり抜いた時は、「心が痛む」山下さんの表情がアップで映し出されました。
このシーンは、こちらの動画から見ることができます。
(はじめに広告場面が数秒ありますが、少し待つと動画が始まります)


 毎日丹精込めて、ひとつひとつの野菜と対話しながら育てていらっしゃる山下さん。
野菜、果物への愛情をとつとつと語る口調からは、この方の誠実なお人柄と
強い信念が感じられました。


407-9.jpg
(山下さんがパリ近郊の菜園で育てた日本の蕪)

ハッピーイースター


さて、今日は復活祭明けの月曜日。休日です。
夜9時から『トップ・シェフ』のセミフィナーレです。
3人のうちの一人が脱落し、残る2人が決勝戦へと進みますが、
ここまでくるともう誰が勝ち進んでもおかしくありません。

この番組の抜粋編や、シェフのレシピはこのサイトから見ることができます。


色鮮やかな料理が目白押しです。

では、また。Joyeuses Pâques (Happy Easter)!

407-10.jpg




月別アーカイブ

  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら