サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

第9回 春のベランダにて

 にんげんクラブの皆様、こんにちは。

 3月に入り暖かい日が増えてきたので、夫がベランダ用に鉢植えの花を買って
きました。これは我が家のベランダの写真なのですが、日本人の方は私と同じ
ことを思うかもしれません。

316-1.jpg
(我が家のベランダ)

 
 そう、写真右上の鉢植えの並んだ棚と、左側ベランダ柵にとりつけられた
ハンギングバスケットです。
 
 棚は、夫がイケアで板を買ってきて壁にとりつけたものなのですが、得意げな
夫を前に私の一言は「鉢植え、落っこちないかしら」でした。

 「棚は大人がぶら下がったって取れたりしないよ。水平にしっかりと固定してある
から大丈夫」と夫に言われたものの、私が腑に落ちないのは、『板が水平かどうか』
とか『板が鉢を支えきれないかもしれない』ということではなく、『揺れた時に鉢が
滑り落ちるのでは』という点なのです。
 
 そもそもスウエーデン育ちの夫には、「地震が来るかも」という発想がまったく
ありません。フランスでも地震は極めて少ないので、地震対策など念頭にない
のは当然かもしれません。
 
 この棚の高さが、私には目線より上で夫には胸の位置、というのも危険認識の
差につながっている気がします。 ここはフランスですし、私の取り越し苦労かも
しれません。
ですが、やはりなんとなく不安なので子供は棚の下の椅子には座らせていません。
夫は、棚はシンプルにしておきたいから囲いをつけたくなさそうですし、
鉢そのものを何かで固定することも必要無いと(鉢は絶対落ちないと)思っているので、
それ以上は言っていませんが、もし日本に住んでいたら鉢を固定するよう強く
お願いしていたところです。
 
 プランターを入れるハンギングバスケットがベランダ外側にかけられていることも、
日本では「揺れた時に落ちたりしないだろうか」と考えるのではないでしょうか
(我が家はアパート2階)。

 ヨーロッパでは、風の強い日や水遣りのときにはハンギングバスケットを柵の
内側にかけますが、天気の良い日は太陽の良く当たる外側にかけるのが
一般的です。
 
 ちなみに、私の妹はこの写真を見て、「花の鉢がかなり上の方にあるから、
ちょっと怖いなぁ。でも地震がないから平気かな」とコメントしました。
彼女は阪神大震災のときに神戸に住んでいましたから、
地震の怖さを身にしみて体験しています。

東日本大震災から4年

福島の震災から4年が経った3月11日、リヨンのメトロ新聞には、
福島県いわき市の慰霊碑の写真と記事が掲載されました。


316-2.jpg
リヨンのメトロ新聞(3月11日)
(写真は福島県いわき市。震災で亡くなった方々の慰霊碑)

 記事のタイトルは、『日本はページをめくりたい』で、その内容は、
 
 「福島の震災から4年が経った今もなお、6千人の作業員が福島第一原発の解体
作業に当たっている。処理を全て終えるには30から40年を要するかもしれない。
汚染水の管理の問題もある。避難対象地区約9万人の住民がまだ戻ることが
できずにいる。」
 
 「日本政府は2020年の東京オリンピックが、新時代幕開けのシンボルと
なるように望んでいる。
戦後20年足らずで開催された1964年の東京オリンピックのときのように。」
 
 「日本を訪れる外国人旅行客は、2014年には1341万人。
原発事故に見舞われた2011年の2倍以上となっており、
2020年の東京オリンピックでは2千万人の外国人観光客を見込んでいる。」

といったようなものでした。

 
 福島第一原発の解体廃炉に携わる方々、被災地で復興作業にあたっている
方々には頭が下がる思いです。

 まずは、住み慣れた土地に戻れず困難な生活を強いられている方々が、
本来の生活に戻れるようになるのが大切だと思います。
 
 東京オリンピックまでに『復興した日本』となっているのでしょうか。
 
 この記事を読んでいると復興までの道のりはまだまだ長そうで、あと5年の間に
それを成し遂げる具体案などは書かれていないのが気になります。
外国の記事なので、詳しく書かなかっただけでしょうか。
 
 国を挙げてのオリンピックは、大勢の人々の多大な尽力が必要とされます。
開催準備が被災地の方々にとってプレッシャーとならないように、
そして1日も早く日常生活を取り戻すことで震災の痛みを癒し、
オリンピックの日を希望とともに迎えられることを願っています。

リサ 3月14日 リヨンにて




月別アーカイブ

  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 黎明
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら