サイトマップ

最新トピックス

にんげんクラブ会報誌 4月号のご紹介

 

にんげんクラブ会報誌 4月号のご紹介です。

『びっくり現象から学ぶ』は、

筆談の詩人/カウンセラー

神原 康弥さん

「生まれてきた時より魂を成長させ宇宙に貢献する」

神原 康弥さんは平成5年生まれ。
2歳半の時、突然、脳症になり生死の境をさまよう。
命は助かったものの身体は自由に動かず言葉も出せなくなった。
6歳の時、手や腕のわずかな動きに気づいた母 (神原英子) と共に
試行錯誤しながら、筆談による会話方法を身につけた。
7歳〜8歳頃から詩で自分を表現するようになり、
十数年間、書きためた詩は2冊の本として出版された。
今は詩人として独自の宇宙観、世界観を綴り、FBで毎日発表している。
また、その研ぎ澄まされた感性による奥深く的確なアドバイスが好評となり、
多くの方から相談を受けるようになった。
現在は自宅などで個人セッション、グループワークショップを行いつつ、
お話会や講演会を依頼されることも増え、意欲的に社会貢献活動をしている。

この親子のきずな、親子のオーラ、
ぜひぜひ、お読みください!!

今月から新連載!

特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス理事・創設者 
鬼丸 昌也さん

元子ども兵から学んだ「ひと・組織・世界」の変え方
ーテラ・ルネッサンスとは

現地に足を運び、実際に自分の目で見た事実は、
衝撃を伝えます!!

その他も、読み応え充分です。

また、会報誌の大切な目的は、
全国に広がっている、各支部の情報、会員様自らが、良い世の中に向けて
発信していくための、お手伝いをすることです。

各支部からいただいた、よりあいや、イベントの企画、
支部代表のご紹介、活動報告など、

皆様に、受け取るだけではなく、足を運んで、行動していただける、
身近な情報をたくさんご紹介しております。

ぜひ、会員になられて、にんげんクラブの会報誌をご覧になってください。

有意の人の輪を、広げていくための、お手伝いができたら、
こんなにうれしいことはありません。

「にんげんクラブ」へのご入会はこちら 

2017.04.H01RGB.jpg

にんげんクラブ会報誌 2017年4月号 目次

巻頭言 「天道と人道」 舩井勝仁+こだまゆうこ 3ページ
[連 載] びっくり現象から学ぶ(70) インタビュー兒玉裕子
神原 康弥さん  生まれてきた時より魂を成長させ宇宙に貢献する
9ページ
[特集]写真家  菅原真樹
鯵玉ノ万眼力 
21ページ
[連 載]ハートオブミラクル代表 岩崎 靖子
僕のうしろに道はできる(44) 

~愛する人に伝えたい~
23ページ
[連 載]
弁護士、医学博士、JPHMA認定ホメオパス、珈琲豆焙煎歴25年以上「ロータスコーヒー」

秋山佳胤 いい加減のすすめ 「内なる医者の活用のすすめ」
27ページ
[新 連 載]
特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス理事・創設者 鬼丸 昌也

元子ども兵から学んだ「ひと・組織・世界」の変え方ーテラ・ルネッサンスとは
33ページ
[information]支部情報・浜松/愛知 39ページ
[information]
にんげんクラブセミナーのお知らせ
41ページ
[連 載] コンサルタント・作家  高島 康司

コルマンインデックスと私達の未来
43ページ
[連 載]本物探求 船井本社グループ イリアール株式会社 代表取締役 乗附なほみ
体と共鳴し健康体にする本物が奇跡を起こした!
49ページ
[連 載]熱海記念館だより「小鳥たちの訪問」
株式会社本物研究所 代表取締役社長 佐野 浩 一
53ページ
[連 載](株)にんげんクラブ取締役 アースキーパークリスタル協会会長 小川 雅弘
金運の流れに乗っていくために
57ページ
[連 載] 今月のおすすめBooks
挑戦のススメ』堀木 エリ子(著)

ほっこりファミリー対談 ミラクル☆ヒーリング2 宇宙的しがらみの外し方』』小林 健(著) 吉本 ばなな (著)

原因と結果の法則を超えて 最強の未来の波に乗る!』はせくらみゆき(著)

 
61ページ
[information]全国支部活動カレンダー 64ページ
 「悠久の伊勢に学ぶ会 平成29年」セミナー案内 65ページ

会報誌へのご感想・ご意見をお寄せください。
今後の編集の参考にさせていただきます。


いつもありがとうございます。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
株式会社にんげんクラブ
〒102-0083東京都千代田区麹町6-2-1麹町サイトビル6F
TEL:03-3239-8271 FAX:03-3239-0033
Email : toiawase@ningenclub.com
☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

門前の小僧

にんげんクラブの皆さまこんにちは。
経済や政治の話題が多い巻頭言ですが、今回の巻頭言では、勝仁会長に、
特別に舩井幸雄会長の思い出について語っていただきました。
本やブログなどいろいろな媒体でも書かれていますが、勝仁会長にとって、
人生で最も理解ができなくて、最も苦手だった人物が舩井幸雄会長なのだ
そうです(とはいえ、「最も苦手」のその言葉の奥には父に対する深い
深い愛情も、籠っておりました)。


秘書として数年関わらせていただいた私としては、舩井会長は理不尽に
怒ることは絶対にないし、長所を褒めて伸ばしてくれて、得意でやりたい
仕事を自由にやらせてくださって、なんと素晴らしい上司だろう、と
心から思っていましたが、父と息子としての関係である勝仁会長の立場
からすると、息子にしかわからない苦労や重圧がたくさんあったようです。


まずよく驚かれるのが、勝仁会長は子供の頃から、舩井会長にずっと
家でも敬語で喋っていたそうです。父が家にいると家の中は常に緊張感
があって、いないときはとてもリラックスしていたと言います。
お父さんはいつも忙しいので、お父さんの時間を一分一秒でも奪わない
ように舩井会長の奥様(勝仁会長のお母様)はとても気を遣っておられ
たとか。「お父さんは偉いんだよ」と子供たちにいつも言って聞かせた
そうです。

ご飯を食べる時も、食卓にすべてのご飯が並んですぐに食べられる状態
になってから、書斎で本の執筆や仕事をしているお父さんを呼びに行く、
というのが当たり前でした。
そんな家庭で育ったので、勝仁会長は結婚してから奥様に「ご飯ですよ」
と呼ばれて、そこからお皿や箸を並べ始め、時には並べるのを手伝わされ
ることにかなりのカルチャーショックを受けたとか。


また、お父さんと外食に行った際には、メニューを選ぶのに時間をかけて
悩むというのは舩井家ではありえないことで、食べたいものというよりも、
なるべく早く運ばれてくるものを頼む、というのが恒例だったそうです。

舩井会長は家族を外食に連れていくのが意外とお好きだったそうですが、
自分が食べ終わってしまうと、たとえ2歳の孫がまだ食べている途中で
あったとしても、さっさと席を立って出ていってしまわれるそうです。


そんな祖父であり、父だったので、子供の頃から勝仁会長は、食べる
スピードは大人に負けるから、お父さんよりも早く運ばれてくる品物を
頼んで、お父さんが食べ終わるまでには食べきる、というクセがついて
いたそうです。

奥様との初デートの時は、忘れられない思い出があるそうで、まず
メニューを選ぶのに時間がかかることにビックリされました。
おそらくそこまで時間はかかっていないと思われますが、勝仁会長から
見ると、30分くらいメニューを選ぶのに時間を使ったように感じたそう
です。さらに初デートですから、緊張して相手を気遣う余裕もまったく
なく、いつもどおりに急いで料理を食べ終わって奥様のほうを見ると、
まだ奥様は割り箸を割っていなかったのだそうです。これには勝仁会長も
カルチャーショックでしょうが、奥様も唖然とした顔で勝仁会長の顔を
眺めていたそうですから、同様にかなりのショックだっただろうとお察し
します。

私も秘書だった頃に、何度か舩井会長と奥様に食事に連れていっていた
だきました。舩井会長は、熱海のホテルの中に入っている居酒屋さんが
一番のお気に入りで、その居酒屋さんが大好きな理由は、「注文した
品物がすぐに出てくるから」でした。舩井会長の外食でのこだわりの
ポイントは何十年も変わっていないのですね。


舩井会長が亡くなられて三年たって、お父さんが苦手だったという意識
はなくなってきましたか? とお聞きすると、うーんと悩んだ後に、
「正直に言うと、父がいなくなって、気が楽になりました」とのこと。

というのも、社長として会社の経営を任されてはいても、実際に社長の
仕事をさせてくれたのは、舩井会長が亡くなる半年前くらいの、本当に
ご自分が何もできなくなってからでした。それまでは、何だかんだと
言っても、やっぱり舩井会長がすべての意思決定をされていました。
そしてすべてを任せるようになってからは、「毎週来い」と勝仁会長を
熱海に呼んでおられました。何を話すわけでもないけれど、とにかく
来いとのことで、一時間くらい喋って帰るときには、「来週はいつ来る?」
と必ず聞かれたそうです。


最晩年の舩井会長は、口が痛くてほとんど筆談での会話でしたが、
痛いながらも喋る一言一言に、とても重みがありました。さらに千里眼
と言ってもいいほどに、直観力は冴えわたっていたようで、いろいろな
ことがわかるけれど言葉にはしない、というように見えました。


身体は不自由でも経営のアドバイスは怖いほどに鋭くて、勝仁会長が
初めての不動産投資で、ある不動産を買おうとして舩井会長に相談した
ところ、「失敗するけど、ええわ。お前の勉強になるからやってみ。
一億円くらい損するけど、ええ授業料や」と言われたそうです。

結果はやっぱりその通りになったそうで、その不動産投資では結局一億円
くらいの損をしました。でもその時に失敗したことで、何をしたらいけない
のかがわかり、その後勝仁会長は不動産投資がとても得意になったそうです。


「あの時に最初に失敗していなかったら、きっと調子に乗って別の物件で
もっと大きく失敗していたと思う。
あの失敗は本当にいい勉強になったから、ここまでの流れが全部、
舩井会長には見えていたんでしょうね」と勝仁会長はしみじみと語って
おられました。

経営者としても思想家としても偉大な父を持ち、その経営を任されたり、
生き方をお父さんと比べられたりしたら、その重圧はすごいものだろう
な......と、思います。その父と子の関係を身近に見ていた私としては、
舩井会長から息子である勝仁会長への愛情も、勝仁会長から父である舩井
会長への愛情も、言葉を超えたところでとても感じられました。

親子であると同時に上司と部下でもあったので、「勝仁はわかっていない」
と時には厳しいことをおっしゃられても、ご本人のいないところでは
「かっくんは、前世でも俺の息子だった」と嬉しそうにおっしゃっていた
りして、とても期待していらっしゃいました。

「親父の本は、中学生の頃から全部かかさず読んだけれど、僕は反発も
あって舩井幸雄からちゃんと学んでいないから門前の小僧なんですよ。
舩井幸雄のことがわからないし、ここできれいな言葉も言えないんです。
そりゃあ、模範解答を言えと言われればいくらでも褒めることはできます
けれど。亡くなってからも、一年間くらいは毎日夢に出てきて、ああしろ
こうしろ、って指示を出してきて、嫌でしたよ。それがまた的確なんで
すよね」
と、勝仁会長はいろいろな感情を込めて愛情たっぷりにおっしゃって
いました。


門前の小僧、と言いながらも、一年間毎日舩井会長の夢を見るほどに、
そこまで舩井幸雄会長に正面から向き合っていらっしゃる方は勝仁会長
以外にいないと思います。父の背中を見つつも、自分は自由に自分らしい
生き方、やりかたを貫く。その姿勢は、やっぱり親子で似ているなぁ、
とお話しをお聞きして思いました。

そして門前の小僧が実は一番熱心で師匠のことをわかっていた、という
昔話をどこかで聞いたことを思い出しました。


株式会社 にんげんクラブ会長 舩井 勝仁
  ×
作家・エッセイスト 兒玉 裕子


「2017年金運上昇」

             
春分の候
皆様いかがお過ごしですか?
3月下旬になりますと、例年ですと、温かい日々も続くのですが、
今年は、肌寒い日々が続いております。

2017年の幕が開けて、すでに3月下旬になり、日本だけでなく
世界中で様々な問題が噴出していますが、自分とは全く対極にある
意見を聞く余裕も持たないと、最終的には自分自身をも追い詰めて
しまうような気がします。

陰陽のバランスも中立からくるものであり、そういえば渦の中心、
風の目も意外と波風は穏やかなものです。

地球が愛で満たされている社会であれば、お金の役割もなくなるで
しょうし、概念すらなくなると思いますが、現実的にはまだまだ
そういう社会は先のようです。


2017年の大事なキーワードとして大事なのが「経済、お金」です。

「お金も価値ある幸せも恵まれる宇宙銀行が開く小川雅弘氏講演会2017」
のお知らせです。


2/11、建国記念日に千葉県から全国公演会がスタートして
九州、関西方面を巡り、東北方面の講演は4/30(日)からになります。

山形の講演会は、5月4日(祝) 13:30~16:45 

会場は 山形テルサ 研修室Bになります。
http://www.yamagataterrsa.or.jp/

時間 13:30~16:45 
参加費 3,000円 
(アースキーパークリスタル協会会員、
 平和の祈り2016にご協力いただいた方は2,500円)

小川さんを囲んで懇親会もありますので、
もっと深い話しお聞きしたい方は、是非懇親会にご参加ください。

お問い合わせ 
にんげんクラブ 山形支部 菅原 メールsora1@shinonome1.jp


東北方面、北陸方面の講演会の案内
 4/30(日) 宮城県 エル・ソーラ仙台
 5/1(月)  岩手県 アイーナ
 5/2(火)  青森県 八戸商工会議所
 5/3(祝)  秋田県 アルベ
 5/5(祝)  新潟県 新潟テルサ
 5/6(土)  福島県 コースター
 5/7(日) 福島白河 カフェバール茶房瑠

時間 13:30~16:45 

参加費 3,000円 
(アースキーパークリスタル協会会員、
 平和の祈り2016にご協力いただいた方は2,500円)


参加申し込み先 http://goo.gl/CkAQrj


講演会では、昨年の高知県室戸市と高知市でおこなわれた
「世界144,000人 平和の祈り2016年」の報告会もあります。


講演会に参加していただき「金運の流れに乗って」
上手に人を活かすお金を使いましょう。

人を活かすにはお金も必要です。

【増補新版】これで安心 医療体操

足助 治朗 (著), 足助 照子 (著)
太陽出版
定価 1,700円+税

1年にひとつ、年を取ります。
これは誰でも平等です。

でも、健康状態はみんな違います。

病気や老化は、本当にしかたないのでしょうか・・・。


自然老化を医学用語では、「退行性変化」といいます。
避けられないものではあるけれど、
制御し、調整することはできます。

それには正しい食事と適度な運動、
これが一番効果的です。

「病気とは自由に動けないときの副産物である」


動くことで「退行性変化」を阻止し、
正常な細胞が活動できる方法を駆使しない限り、
病は心身を阻み続け、救いの道は訪れない。


病気を敵とみなすのではなく、
調和をとりもどすチャンスだと捉え、
自分の中にある自然治癒力を引き出す努力が大切なのです。

本著は、多くの体験に基づいていて、
自分の体は自分で守るのものだということを、
あらためて、実感しました。

症状によって具体的にどんな運動をしたらいいのか、
わかりやすく絵で示されています。

なるほど、これだけ動けたら、
みんな健康でいられるだろうなと思いました。

かなり大変だろう動きもありますが、
できないときはどうすればいいかも
きちんと説明されているので、
どんな人でも応用できます。

続けること、意識を持ち続けること、
これが一番大切です。

本著には、理論と体験があり、
続けていくためのいいきっかけになると思います。

ぜひ、おそばに置いてほしい1冊です。

      (柴切)

国際女性デー


にんげんクラブの皆様、こんにちは。

2月から3月にかけてリヨンのソーヌ川がよく増水しています。
アルプスの雪解けと関係があるのでは、と夫は言っています。

リサ321-1.jpg
(ソーヌ川が増水して、ベンチも水に浸かっています。)


3月8日は国際女性デーでした。

イタリアではこの日女性に黄色いミモザの花を贈るのですが、フランス
の花屋さんでは、皆それぞれに好きな花を買い求めています。


でも、3月8日は女性に花を贈る日ではないそうです。

8mars.infoというサイトには、「3月8日はバレンタインデーでも
なければ母の日でもありません、女性の権利のために戦う日なのです」
と説明されています。

リサ321-2.jpg
(8mars.infoには、「男性の皆さま、バレンタインデーと勘違いしないで
ください。3月8日は女性の権利のために戦う日です。花を贈らないで」)


この時期になると、女性の権利や男女平等に関する討論会が街の
あちこちで開かれます。

リヨン郊外の音楽学校の行事カレンダーにも、

" Débat / Les efaccées? La place des femmes dans l'art"
(討論会 / 消えてしまったの? アートにおける女性の場)
" Conference/Compositrices du XIXème Siècle, les oubliées de l'histoire"
(研究会/ 忘れられている19世紀の女性作曲家たち)

など女性をテーマにした項目が目立ちます。

フランスの19世紀を生きた女性作曲家というと、
Hélène de Montgeroult (エレーヌ・ド・モンジュルー 1764 〜1836) 、
Cecile Chaminade (セシル・シャミナード1857〜1944)、
Lili Boulanger (リリ・ブランジェ 1893〜1918)が挙げられるそうですが、
私はフランスに来るまでは名前すら聞いたことがなく、この方達の作品を
聴く機会もありませんでした。

貴族階級にあったためフランス革命で逃亡する羽目になったり
(モンジュルー)、父親に「ブルジョワジーにおいて女の子は結婚して
母になるのが定めだ」という理由で音楽院入学を許可されなかったり
(シャミナード)、24歳で早世してしまったり(ブランジェ)、
波乱万丈の人生を送ったようです。


19世紀のフランスではナポレオン戦争下の社会が求めた女性像
「母としての女性の賞賛」が強く、女性の社会進出は大きく阻まれて
いました。

男女同権となった今、フランスで女性が音楽院に入れないとか、女性
演奏可の楽器を制限されるということもありません。
それでもオーケストラ指揮者のほとんどが男性、合唱指揮でも男女
7対3くらいの割合ではないでしょうか。


ここリヨンでは、女性合唱指揮者数が多いように感じます。


パリのノートルダム大聖堂聖歌隊で女性初の指揮者を務めたニコル・
コルティという方が、定年を迎える昨年までリヨンの高等音楽院で
教鞭をとられていたというのも影響しているかもしれません。


今世紀に入り歴史の波に埋もれた女性たちに脚光が浴びせられるように
なりましたが、フランスにおいて女性の権利が認められるようになって
からまだ半世紀ちょっとしか経っていません。

1789年、フランス革命の「フランス人権宣言」で人権が認められたのは
「市民権を持つ白人の男性」だけ。

女性の参政権が認められたのが1945年、既婚女性が夫の許可なく職業を
選び銀行口座を開設できるようになるのが1965年。1980年まで女性議員
のパンツルック禁止。離婚に関する法律の改正で家庭内暴力に対応する
条項が加えられたのが2004年。

2013年には、1800年の「パリ女性の公共の場ズボン着用禁止条例」が
まだ残っていることがわかり話題になりました。


1968年の5月革命がきっかけとなりMLF(女性解放運動)が台頭、
それ以降フランスでは急速に男女平等が促進されてきたわけですが、
何百年と続いてきた男性社会がたったの半世紀で男女平等になるのは
難しそうです。


リサ321-3.jpg
(1968年フランス5月革命のポスター。
「美は路上にあり」というスローガンが描かれている)

女性の権利として挙げられる内容がカトリック教会の教えにそぐわな
かったり(避妊や中絶)、イスラム教徒の人にスカーフを取ることが
女性の開放だと言っても受け入れられなかったりします。

スウェーデンやノルウェーでは、男女平等がほぼ当たり前になっており、
そのことがプロテスタントの教えに差し障るわけでもなさそうです。
また、片親だけでも子育てができる援助と福祉が充実しています。


リサ321-4.jpg
(スウェーデンの子供はみんな読んでいる絵本「アルフォンス」シリーズ。
アルフォンスはパパと二人暮らし)

3月8日の国際女性デーというのは、日本ではそんなに重要視されて
いる日ではないと思います。それよりも、女の子のいる家庭では3月3日
のお雛祭りの方が大切なのではないでしょうか。そして、その次に女性を
祝うのは5月の母の日。

フランス革命の「フランス人権宣言」に女性の人権が言及されていない
ことに異議を唱え「女性宣言」を配布したオランプ・ド・グージュという
女性は、1793年に逮捕され処刑されました。フランスで「人権」を手中に
するのは命がけのようです。


フランスでタバコを吸う女性が多いのは、男女平等社会とはいえ実際
には女性の負担が大きく、社会的ストレスにさらされているからでは
と感じることもあります。

リサ 3月18日 リヨンにて

来月の会報誌から、Kan.さんの連載が始まります。

にんげんクラブの皆様こんにちは。

寒い冬の季節もようやく過ぎて、春分の日が過ぎましたね。

ついこないだ年が明けたばかりのような気がしていましたが、
気づけば春も半ばになってきました。

こんなふうに季節の移り変わりを年々早く感じてしまうのは、
年をとったせいなのか、それとも単調な生き方しかできていないからでしょうか・・・・。

生かしていただいている命ですから、一日一日をもっと大切に生きたいものです。

さくら.jpg
(もう散ってしまいましたが、熱海海岸近くの桜です)

春分を期に、少しずつ掃除をしています。

私はたぶん生まれつきの性格で、掃除というか、片付けがすごく苦手だと思います。

ほっとくと、すごいカオスな空間になっていきますから、
かろうじて人間らしい生活を送れるように、
自分を律しつつ、片付けをしています。

自分のコントロールできる物の限界の量を超えてしまって、
部屋で呆然として泣きながら片付けをすることもしょっちゅうです。

そのまんまの自分がいい、とか、ありのままの自分を認める

というのもアリなのでしょうが、

ありのままの自分ではどんどん汚部屋になってしまって、
まわりの人に迷惑をかけるのがわかっているので、
自分なりにがんばっています。

自分なりにはがんばっていても、
もともと掃除や片付けが得意な人には全く叶いませんから、
そういう人の家と我が家を比較してやるせない気持ちになることもありますが、
自分なりにがんばって、できるところまでで良しとします。


がんばり過ぎず、がんばらな過ぎず、

自分を健全に律していけるちょうど良い塩梅が大切なのでしょうね。

こんな片付けが苦手な私でも、春から初夏は、
片付けがしやすい季節なように感じています(^^)/

===========================


さて、来月のにんげんクラブ会報誌から、
クンルンネイゴンのマスターであるKan.さんの連載が始まります。

連載は、いろいろなテーマでKan.さんに質問をして、
それにお答えいただく形で進んでいく予定です。

インタビュー記事としてKan.さんに質問をさせていただくのは、
とっても光栄なことですが、同時にとても緊張します。

Kan.さんを前にすると頭が真っ白になってしまって、
あらかじめ考えていた質問が、まったく役に立たなかったりします。

「そんなに緊張しなくても・・・」とKan.さんは優しくおっしゃってくださるし、
時には緊張をとるためにわざと冗談を言って笑わせてくださるのですが、
正面に座ってしまうとどうしても緊張してしまうのです。

こうしてブログで紹介の記事を書いているだけで、
若干緊張している私です(苦笑)。

今まで勝仁会長からも、
「Kan.さんのことをどうしてもっとブログに書かないの?
 仕事なんだから書けばいいじゃないですか」

と何度も言われているし、

Kan.さんからも、「どうして書かないんですか?」と聞かれるのですが、

たぶん書く勇気がないから、Kan.さんに対峙する勇気がないから書けていないのでしょうね。
書くべき適正な言葉が見つからない、と言えばもう少しニュアンスが近いかもしれません。

ともあれ、会報誌の連載では、今までのように逃げてはいられないので、
勇気を出して書いていきたいと思います。

そしていい質問ができるように、日々研鑽していきたいと思っています!

どうぞご期待ください。


このブログを読んでいただきながらも、にんげんクラブにまだご入会でない方は、
いい記事、いい会を作っていきますので、これを機会にぜひご入会くださいませ^^
ご入会はコチラ → https://www.ningenclub.jp/about/regist.php

いつも拙いブログをお読みいただき、ありがとうございます。

■【にんげんクラブメルマガ】便り311 ~春、でかけてみませんか。

   [3月16日現在メルマガご登録者9042名]


春、すてきなイベント、ご紹介します。


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

愛媛より ヒルデガルト聖歌を歌う春原恵子さんコンサート(4/15)
詳細 http://www.ningenclub.jp/shibu/ehime/

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

愛媛のクラブメンバーの中島です。

中世ドイツのヒーラー・薬草学の祖・作曲家・博物学者・女予言者である
ヒルデガルト(1098-1179)の聖歌を紹介させていただきます。

新時代の幕開けにふさわしい何と優しく美しい歌・・・。
この曲を聴いていると、一日のうちにあった嫌なことも忘れさせてくれ、
平安な気持ちにさせてくれました。

春原恵子(すのはら けいこ)さんの歌は、天使の歌です。
たぶんヒルデガルトと
コラボというかオーバーシャドーしているのかもしれません。

◆日時 4月15日(土)
開場18:30  開演19:00~20:30
◆会場 日本キリスト教会松山教会 礼拝堂
愛媛県松山市味酒町2-7-1
天上の高いパイプオルガンのある教会(3人用長椅子で200席)です。
◆会費 2000円

※15日21:00からはJALシティ松山1階で懇親会も用意しております。
ご参加希望の方は
【えくぼの会事務局】 中島(089-955-1334)まで
お願いいたします。


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

◆「今、魂の話をしよう」~未来に向かう私達がするべきこと~
詳細 http://www.kouenergy.com/blank-15

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

「胎内記憶」の研究者・池川明先生と、「筆談の詩人」神原康弥が対談します。

あなたのやさしさは どこから来ますか?
あなたの明るさは どこから来ますか?
今、魂は何と言っていますか?

自分自身の魂の声に耳をかたむけ、未来に向けて今、
私たちひとりひとりが何をするべきか。
みなさまの内側に気付きや活力を生み出す時間になれば幸いです。
当日は、会場からの質問にお答えする時間もございます。
どうぞ大切な人たちとご一緒に、お越しください。

【日時】2017年4月16日(日)11:00~14:45
【場所】ルミエール府中 コンベンションホール飛鳥

【お問い合わせ】
http://www.kouenergy.com/blank-15
https://www.facebook.com/events/240972052994859/

090-2148-2673 チームKOU 渡邉
chiimukou@yahoo.co.jp

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


全国の支部からの最新情報をごらんください!

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

===================================
1.☆東京より 東京寄合 in 秋葉原のおしらせ(4/10)
===================================
皆さま、こんにちは。

4月の東京寄合 in 秋葉原を10日(月)に開催いたします。

「どこかに春が♪春が来た♪ふるさと♪...きみよ唄え! 原風景からの目覚めを。。」

近隣の支部の方、初めての方のご参加もお待ちしています。

参加のお申込みは、積田(つみた)までお願いします。
k.p.d-tsumita@docomo.ne.jp
080-1186-1052


日時:4月10日(月) 午後6時半~9時
    (会員/非会員は問いません。途中参加/退出は自由です。)
場所:デニーズ「秋葉原店」
 千代田区外神田1-13-12
 JR秋葉原駅の電気街口を出て徒歩約5分
万世橋の交差点を御茶ノ水方面に渡り、右側歩道100mほど先のビル2階です。
注)ワシントンホテルの2階にある「秋葉原中央口店」は別店舗です。

===================================
2.☆大阪より 舩井勝仁さん&三上元さん講演会【人を大切にする時代】(4/12)
===================================
舩井勝仁さん 「下山経営のすすめ」
三上元さん 「これからの時代の福利厚生について」

大阪支部の小原正年です。
今回は、現在会社を経営されている方や
これから起業しようと考えている人に向けての講演会を
初めて企画させていただきました。
本物の経営者から直接、経営のノウハウ、
これからのリーダーがするべき事などについて
学んでいただく機会にしていただければと、
今回の講演会を舩井勝仁さん、三上元さんにお願いしました。

今企業にお勤めされている方のご参加も大歓迎です。
講演会終了後、懇親会も予定しております。

◆日時 2017年4月12日(水)
 18:30~20:30 開場18:00
◆場所 舩井セミナールーム大阪  
  大阪市西区京町堀1-17-16京町堀センタービル2階 203号室
◆参加費 2,000円 (当日受付にて参加費をお支払いください。) 

◆懇親会 別途 3,500円 21:00~22:30
◆懇親会場所 地下鉄肥後橋駅近く

★舩井勝仁さん&三上元さんの講演会のお申込は、
http://www.rakuenlife.com/funai.html
お問合せ先 小原(おはら) 携帯090-8385-3147

===================================
3.☆東京より 「丸山修寛&天野聖子ジョイント講演会」のご案内(4/23)
===================================
こんにちは、東京支部の会員でもあります、天野聖子が、
丸山アレルギークリニックの院長をしておられます丸山修寛先生と
タックを組み、
待望のジョイント講演会を開催いたします。

「丸山修寛&天野聖子ジョイント講演会」

●日時:2017年4月23日(日)
 12:00受付開始 12:30~18:00講演
●会場:TKP品川カンファレンスセンターANNEX ホール1
●定員:152名様(定員になり次第、締め切らせていただきます)
●会費:事前申込3,800円(4/10まで) 当日5,000円

●講演内容
第1部 12:30~13:30丸山修寛先生「あなたを壊す電磁場障害から身を守るために」
第2部 13:40~15:10天野聖子「大いなる自己との対話」
第3部 15:40~17:10 丸山修寛先生「現代医学を超えたカタカムナ医学~神話の奇跡」
第4部 17:20~18:00 丸山修寛先生「質疑応答」

●お申込み、お問い合わせ
http://www.cosmic-a.org/info/

●コズミックアカデミー
HP: http://cosmic-a.org
E-mail: cosmic@cosmic-a.org
【営業時間:10:00~17:00  休業日:土・日・月・祝日】

===================================
4.☆関東より ちょっとハードですけど
===================================
こんにちは。
関東支部代表世話人、大綱・芸術文化情報ステーション(横浜・港北)
フロンティアショップ・カムナサロンのSeiです。

明日17日(金)から18日、19日と3連続のイベントです。

明日は1月に新宿の新春の集いに登壇頂いた市川加代子先生が
3ヵ月振りに来られて万能ヨモギ膏を作ります。
次の会は6月16日までありません。ご都合のつく方はどうぞ。

18日は舩井グループ中枢の佐野社長、ソマチッドと介護ゼロの徳永先生、
裕福で楽な自然栽培法の大下伸悦先生、さらに大阪から特別ゲストも
来られるという豪華な講演会。
これは早々に満員締め切りになりました。

19日(日)は長年の根強いファンが多い京都雅幸塾の
熊谷直順先生の講演とシェア会。

これらの3日間すべて、おいらもお話しします。

ハードスケジュールですけど、顔晴(がんば)ります(~_~;

以下、4月中盤までのイベント情報です。

3/17(金) 12:00開場 12:30受付開始 13:00スタート
 ◆ 第14回治るチカラ:ヨモギ膏~市川加代子
 ◆ 健康と美と幸せ~Sei
3/18(土) 3/18(土) 10:30開場 10:40開始 16:20終了
 ◆徳永康夫&佐野浩一&大下伸悦講演会
3/19(日) 12:00開場 12:30受付 13:00~16:30
 ◆ 誰にでもわかるアセンション~熊谷直順
 ◆ 講師、参加者皆でのシェア会
 ◆ 奇跡のベッド無料体験(参加者のみ。予約順2名様)
3/22(水) 12:00開場 12:30受付開始 13:00~16:30
 ◆ 第3回ネッシン療法公開講座とネッシン療法体験会
 ◆ 奇跡のベッド無料体験(参加者のみ。予約順4名様)
4/1(土) ヒカルランドパークにて
 ◆大下伸悦先生出版記念講演会
4/7(金) 12:00開場 12:30受付 13:00~16:30
 ◆ 第3回人生の糧となる本質の話~熊谷直順
 ◆ 講師、参加者皆でのシェア会
 ◆ 奇跡のベッド無料体験<~12:50>
4/11(火)12:00開場 12:30受付開始 14:00~16:00
 ◆ 講演&情報共有会~カムナサロンオーナー、Sei
 ◆ 奇跡のベッド無料体験(予約先着6名様)<~14:00>
4/15(土) a.m.奉納文展、p.m.Youtube
4/16(日) 水道橋ヒカルランドにて テネモス菅原克行講演会

詳しくはフロンティアショップホームページ、フロンティアカレンダー
http://www.fij.jp/#fshop_calendar または、
別館サイト http://www.gop55.net/ の講演会情報をご覧ください。

いつもありがとうございます
Sei(~-~)

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

以下には各地のセミナー・よりあい情報をご紹介します。
お近くの方やご興味のあるイベントは、クリックしてみてください。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


【イベント・講演会】

●静岡より『月のテンポ』&パワースポット参拝巡りin掛川(3/19)
詳細 http://www.ningenclub.jp/shibu/shizuoka/
●大阪より 「関西気づきの会」のご案内(3/19)
詳細 http://www.rakuenlife.com/mysite6/wa-ku.html
●千葉より よりあいのご案内(3/21)
詳細 http://www.ningenclub.jp/shibu/chiba/
●大阪より 「どうしてこの世に生まれてきたのでしょうか?」(3/26)
詳細 http://www.rakuenlife.com/sion.html
●大阪より クリスタルボウル誘導瞑想【13チャクラ】
     ワークセミナー&コンサート(4/15)
詳細 http://www.rakuenlife.com/izumi.html
●大阪より 三浦直樹先生セミナーほんとの「根本医療」とは?(5/13)
詳細 http://www.rakuenlife.com/miura.html
●大阪より 小川雅弘社長&村中愛さん講演会(5/27)
詳細 http://www.rakuenlife.com/ogawa.html
●大阪より 光田秀先生セミナー
「人生を豊かにするエドガー・ケイシーの福音」(6/17)
詳細 http://www.rakuenlife.com/mituda.html

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

** にんげんクラブ主催セミナー http://www.ningenclub.jp/event/** 

☆特別連続セミナー全6回!川田 薫先生 「知られざる空海」(3/18・4/15)
☆香咲弥須子先生「夢から覚め奇跡を生きる」セミナー&ワーク(3/19)
☆植原紘治先生 サイバーリーディング ルン・ル(3/22・4/14・5/17)
☆清水義久先生「包み込みの法則を活用したコーチング」(3/28・4/25・5/30)
☆秋山佳胤先生「ロータス・カフェ ~アフタヌーン~」(4/2・5/21・6/18)
☆全6回!愛賀真琴先生「自分を知ってよりよく生きる講座」(4/4・5/18)
☆全6回!吉野信子先生『カタカムナ』第2クール(4/6・5/11・6/8)
☆新登場!杉本錬堂先生&瀧村桂子先生コラボセミナー「からだ超覚醒」(4/29)
☆新登場!杉本錬堂先生&岩本直己先生コラボセミナー「からだ超覚醒」(5/27)

☆.。.:*・° ☆☆.。.:*・°☆☆.。


【舩井幸雄から 今週のひとこと】

IMG_20150522_154856.jpg

☆.。.:*・°☆☆.。.:*
「勇気を出せば、
   怖いものはなしです」
       .。.:*・°☆☆.。

☆★☆「舩井フォーラム2016」の講演収録CD/DVDを販売!!☆★☆
https://funai-forum.com/2016_mediaorder/

心に残る感動の講演を皆様にご自宅でもご覧いただくために、
「舩井フォーラム2016」の講演収録CD/DVDを販売させていただきます。
ぜひ、ご覧下さい!


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


※このメルマガは、にんげんクラブセミナーなどにお申込いただいた方や
にんげんクラブストアなどをご利用いただいた方にもお届けしています。


☆このメルマガの登録を希望される方はこちらから↓
 https://www.ningenclub.jp/mailmag/

sub_bnr_mailmag.gif


============
■【にんげんクラブメルマガ】便り311 ~春、でかけてみませんか。
〒102-0083 東京都千代田区麹町6-2-1
麹町サイトビル6F
TEL:03-3239-8271 FAX:03-3239-0033
E-mail: toiawase@ningenclub.com
HP: http://www.ningenclub.jp/
=============

■【にんげんクラブメルマガ】臨時号 ~いつも喜びを受け取れる心を

こんにちは、にんげんクラブの江尻です。

にんげんクラブ、「ザ・フナイ」でもご紹介している
香咲弥須子先生のセミナー&ワークショップが
3/19(日)に船井セミナールームで開催されます。

普段はN.Yにお住いの香咲先生が来日して、
「奇跡のコース」を体験できる貴重な機会です。


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

香咲先生は子供のころから、声としては聞こえない、
何かの役に立つ情報ではないけれど、
時々見たり感じたりすることがあったそうです。

するとその後、その見たり感じたりしたことが、
現象や形になって現われたりしたのだそうです。

若いころは、人をバカにしているってことは
自分をバカにしているってことに気が付かず、
空虚感からいろんなことに夢中になったそうです。


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


そんなある時、「奇跡のコース」で人生が変わったという方の本を読み、
「これだ!!」と直感が働いたそうです。

始めてみると
「奇跡のコース」を通してイエス・キリストの本当に親切な声と
初めて降りてきた自分の内なる声で
すべてを受け入れることができたそうです。


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


日本では魂の喜びに関係ないものでも
強く願えば現実になることを追いかけている
直線思考の人が多いようですが、

それに対して「奇跡」は連鎖なのだそうです。


「奇跡」連鎖が始まると、次から次へと信じられないことが
どとーっと押し寄せてくるそうです。


その「奇跡」の連鎖を引き寄せるのには
それに心を向ける権利・義務を知り、
それから溢れる喜びを経験することです。


喜びを経験するべく目的・使命があり、
その使命そのものが一人一人に与えられた自由なのです。

いつも喜びを受け取れる心を培う
自分でありたいと思います。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

アメリカ,N.Yで生まれた「奇跡のコース」を
東洋思想に自然に馴染んでいる日本人が受け入れ、
学ぶことは、限りない実を心にもたらし、
統合された世界観で地球の平和と調和に多大な貢献ができます。


「奇跡」を共に目撃し、真に助けとなる役割を担うよう、
香咲弥須子先生とご一緒に着実に学びませんか。


お申込み、こころよりお待ちしています。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

香咲弥須子先生「夢から覚め奇跡を生きる」セミナー&ワーク(3/19)
http://www.ningenclub.jp/blog01/archives/2017/01/319_1.html

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


もうひとつ、特別なセミナーをご紹介します。


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

特別連続セミナー!川田 薫先生 「知られざる空海」
http://www.ningenclub.jp/blog01/archives/2016/09/318_1.html

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

世界で初めて生命誕生の実験をされた、科学者川田薫博士。
「クリーニングの真実」で、魂を磨くことの大切さ、
何のために生まれてきたのかを突き詰めてこられました。


魂のクリーニングをされることで、
すべてのものと対話することが可能となり、
なかでも空海との対話はたいへん意義深いもので、
現在に生きる私たちに多くの示唆を与えてくれます。


これまでも『知られざる空海』を語っていただきましたが、
いよいよ、大詰めを迎えます!!

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

第5回 2017年 3月18日(土)
「真言密教と律令制度」

第6回 2017年 4月15(土)
「入定から現在の空海」

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


4月以降は、研究に集中されるため、
川田先生の講演会はこれが最後になるとのこと。
この貴重な機会をどうぞお見逃しなく。

また、途中からご参加される方も、
もう一度じっくりお話を聞きたい方も、
講演収録DVDを、ストアにてご用意していますので、
こちらも合わせて、ご利用ください。
↓↓↓
http://www.ningenclub.jp/ows/products/list.php?category_id=60


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

※このメルマガは、にんげんクラブセミナーなどにお申込いただいた方や
にんげんクラブストアなどをご利用いただいた方にもお届けしています。


☆このメルマガの登録を希望される方はこちらから↓
 https://www.ningenclub.jp/mailmag/

sub_bnr_mailmag.gif


============
■【にんげんクラブメルマガ】臨時号 ~いつも喜びを受け取れる心を
〒102-0083 東京都千代田区麹町6-2-1
麹町サイトビル6F
TEL:03-3239-8271 FAX:03-3239-0033
E-mail: toiawase@ningenclub.com
HP: http://www.ningenclub.jp/
=============

輪廻転生


 私は基本的には輪廻転生はあると思っています。
ただ、私の魂はずっと同じ私で、その魂が成長のために輪廻を繰り返
しているという単純なものかどうかはよく分かりません。そして何よ
りも、いまのところはあの世のことや前世や来世を考えるよりも、こ
の世でしっかり生きていくことを考えたいと思っています。

 ただ、普通では考えられないような不思議なことが実際に起こるこ
とも確かなので、赤塚高仁さんではありませんが、不思議なことは
カッコにいれて詮索しないことにしていきたいと思っているのです。

 赤塚高仁さんと言えばイスラエルですが、不思議なことに私はイス
ラエルに行くと妙に懐かしくてホッとした気分になります。ところが、
イスラエルに比べて一人あたりの国民所得はかなり低いという問題は
あるものの、気候的にはあまり変わらないエジプトにも2回行かせて
いただいたのですが、残念ながらどうもエジプトは好きになれません。

 エジプトにはネガティブなカルマを残していて、イスラエルにはポ
ジティブなカルマを残してきたのかもしれないと勝手なことを考えて
います。真偽のほどは分からないし、分かる必要もないと思っていま
すが、私が自分でそう考えるぶんには、特に問題はないだろうと思っ
ています。

 先日もある歴史上の人物の生まれ変わりに違いないという人とお会
いする機会をいただきました。その方もそのことを確信していらっしゃ
るように感じられましたが、慎重に明言は避けていらっしゃいました。
それでもやはり、何かご縁はあるようですね。


 先日、久しぶりに母に会いに熱海に行ってきました。ちょうど妹も
いて、久しぶりに3人でゆっくり話をしたのですが、どなたか目に見
えない世界のことがよく分かる方から、「父がそろそろあの世でのん
びりしているのにも飽きたので、またこの世に生まれてきたいと思っ
ている」という話を聞いたそうです。

 息子から見ても不思議なぐらい仲のよかった両親ですので、母は
いまでも父と毎日対話をしているようで、「お父さんが最近はあの
山の上に腰かけているような気がする」という話をしていました。
母の思い込みと言えば思い込みなのですが、ほのぼのとしたいい話
ですから、ご紹介させていただきました。


 さて、熱海の舩井幸雄記念館もおかげさまで好評を得ていて、母の
生きがいになっているようです。

 いまだから書いてしまいますが、普通は仲のいい夫婦で奥様が先に
亡くなってしまうと残念ながら残されたご主人はすぐ後を追いかけて
亡くなるケースが多いのですが、逆はとても長生きされることが多い
ように思います。

 この分野は、私の知っている中では小樽の村松祐羽さんが第一人者
であり、私自身はきちんと理解しているわけではないのですが、父が
研究していた宇野多美恵先生の「相似象」という小冊子には、女性は
生きていく上で必要なエネルギーを自分で作り出すことができるが、
男性はそれを女性からしかもらうことができないという研究が紹介さ
れていました。

 そのようなところから考えても、父が亡くなった当初、父が先に亡
くなったのだから母は元気になるだろうと思っていたのです。しかし、
あまりにもラブラブだった両親の場合は少し勝手が違っていたようで、
父が亡くなった後、色々なことが一段落する頃になると、母の元気が
なくなってきてしまいました。

 ところが、舩井幸雄記念館を作ることになって、一時は倒れたりして
少し心配するほどだったのですが、断然元気になってきたのです。
記念館を訪れてくださる方と父の話をしていると楽しいらしく、ます
ます元気になるので、必ずしもいつも母がいるわけではありませんが、
ぜひ母と話しに記念館を訪れていただければと思います。

 そして舩井幸雄記念館と言えば、記念館を運営している一般財団
法人の理事をしていただいている佐野館長の親友・大住力さんが
プロデュースされたドキュメンタリー映画、「ギブン いま、ここに
ある、幸せ」の上映会と、大住さん、佐野館長のトークショーを4月1日
に記念館で開催
させていただきます。

 大住さんは公益財団法人「難病の子どもとその家族へ夢を」の代表
理事を務めていらっしゃいますが、「ギブン」はその活動を通じて
触れ合ってきた3組の家族を取り上げてドキュメント映画にした作品で、
私も見せていただいて感動したことを思い出します。

 また、大住さんの『一生の仕事が見つかるディズニーの教え
(日経BP社)を佐野から紹介されて読んだ時の感動はいまでも忘れ
られません。

 障がいを持って生まれた方や難病で苦しんでいるお子さんは進化
した魂の持ち主であり、本当にピュアであるということを、輪廻が
あるかないかということよりも、私はより確信を持って信じています。
そんな魂のきれいな子供たちを感じられる映画を観に、ぜひ4月1日は
熱海まで
お越しいただければと思います。

2017年3月号おすすめ書籍(会報誌より)

      


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



この次元に閉じ込められたすべての者たちへ 時間と空間を突破する叡智を授ける


本書は、2015年1月24日~25日にゲリー・ボーネルジャパン
(現在は㈱ノウイング)で開催された「Kan.&Gary リチュアル・
ワークショップ 儀式の復活~時間と空間の壁を突破する~」を
書籍化したものです。
個人的にはこのワークショップに参加したかったため申し込んだ
のですが、参加希望者が多く抽選で外れて参加がかなわなかった
ので、本書でワークの内容を知ることができてとても嬉しかった
です。時間と空間を突破することのできるお二人のお話を、ワク
ワクしながら読みました。

時間と空間という概念は、いろいろな捉え方があります。過去・
現在・未来と一本の線で繋がっていると捉えるか、それらは連続
していないと捉えるか、「いま」しかないと捉えるか。時間は
スパイラルに進んでいると言う方もいらっしゃいます。

本書は、時間と空間の決まりきった固定観念に風穴を開けてくれる
本だと思います。今までの時間、空間の捉え方に、別のヒントを
与えてくれるのです。
ヒントを与えてはくれるけれども、それは掴みどころがなくて、
結局それは実際に自分で感じるしかないことも本書は教えてくれます。

本書には秘儀のワークも口伝伝承として記載されています。
当たり前のことですが、やはりワークショップに参加してその場に
いないと、読んでもよくわからない部分もあります。
ワークショップにはワークショップの良さがあり、書籍は書籍の
良さがありますからそれはそれで良いと思います。
言葉には限界があるし、わからない部分はあまり深追いせず、
自分にはこれは縁がなかったと思って個人的にはざっと読むに
留めています。
もちろん本書の内容に縁を感じる読者の方は、ワークを深めていく
ことも十分にできると思います。
時間と空間の謎に興味のある方は、ぜひお読みいただきたいと
思います。

(編集室 兒玉裕子)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


幸せが見つかる聖なる言霊 神々の住まう場所から届いた33のメッセージ


日本全国の聖地で撮られた美しい写真。そこに添えられている、
心に響く言葉たち。思わず吸い込まれてしまいそうなページが
続きます。

どこから、どう読んでいこうかなと思っていたら、「この本の
使い方」が説明されていました。
「本著は、次元を超えた場所からのインスピレーションを受け取る
ツールとしてお使いいただけます。心の中の質問に、神々を宿す
存在たちが、素晴らしいヒントを与えてくれるでしょう。
日々の生活を送っていく上でぜひ役立ててください。」

そのとき、まさに、どうしたらいいか神さまに教えてもらえたら......
と思っていたことがあり、さっそく本著を両手にはさみ、ゆっくり
深呼吸をしてメッセージを伝え、ドキドキしながらページを開きました。

目に飛び込んできたのは、黄金に光り輝く寒川神社の三つ巴のご神紋
でした。
「神聖なる三位一体。3つのエネルギーが統合されて流れ始めます。」

なんということでしょう。そのときの私の滞っていた心に、本当に
力強い美しい光がパーッと差し込んできたようでした。

さらに具体的にどんな行動をしたらいいのか、また神様の声を聴きた
くなって、もう一度ページを開きました。
出雲大社のあの大きなしめなわ。
「出会うべき人とのご縁を引き寄せるお手伝いをしてくれます。」
 
自分の在り方を尋ねてページを開くと、抜けるような青空。
「おおらかであれ。この空のように広く優しく」

3つの神様の声は、そのときの私を幸せで満たしてくれました。
巻末には写真が撮影された場所の説明もあるので、実際に行って
みようと本気で考えています。
神様はいつもそばにいて、私たち一人ひとりを応援してくれている。
それを優しく実感できる本です。おすすめです。

(編集室 柴切純子)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


爬虫類脳の奥底に眠っていた 《龍神脳》の遺伝子がついにSwitch On! 日本の龍人たちよ、一厘の仕組みに目覚めよ!


著者である櫻井喜美夫氏は、京都発明工房代表であり、霊能師、
シリウスチャネラー、そして発明家でもあります。
出口王仁三郎聖師様の霊統を引き継いだ霊能師として、全国各地に
おいて成仏や場を清める儀式を始め、30代からは大本裏神業の追体験
を始め、現在もそれらをたばねる神業を続けられているそうです。

聖師様は龍の化身としての玉石(霊石)を世界と日本各地から集め、
蘇らせるためにご神体石としていたとのことです。
玉石は国の型、シンボルと解釈し、龍と玉石はセットで、宇宙万物の
発生の原理をシンボル化したものでもあるそうです。
霊的エネルギーを集め、ゼロ磁場を誘導する形が宝珠であり玉で、
特殊な玉が龍体と共振することで宇宙に蔓延している霊的エネルギーが
集められ力が増幅・拡大されるのだそうです。

櫻井氏は聖師様が龍と霊石を珍重した宇宙観とは、聖師様はオリオン系
で開祖なおはシリウス系であるが故に、オリオンには龍が存在せず、
シリウスに龍がいたことからシリウスとタッグを組み、地球の龍神を
動かそうとしたのだと結論づけています。
内なる龍が目覚めることにより、人材やお金はおのずと集まるよう
になり、ミロクの世創世プロジェクトに向けて龍族のネットワーク
が広がっていくそうです。
調和的な意識が響き合うととてもパワフルな量子波が発生するそう
です。
多様性を認める、受け入れるより大きな心「すべては繋がりあって
いる」という一元的な意識を持つことが人類に課せられた今の時代の
テーマであり、一人一人の心の中に落とし込んでいくことで人類の
戦いの歴史、オリオンとシリウスの戦争のトラウマを解消することに
繋がるのだそうです。

日本の龍人、龍族にお読みいただきたい一冊です。
ぜひお読みください!

(編集室 江尻みゆき)


月別アーカイブ

  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 黎明
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら